ニュース
» 2008年07月08日 11時51分 公開

シグマA・P・O、スタイリッシュデザイン採用のUSBキーボード

シグマA・P・Oシステム販売は、ラバーコーティング仕上げの独自デザインを採用するUSBキーボード「EIPH108」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 シグマA・P・Oシステム販売は7月8日、USB接続対応のデザインキーボード「EIPH108」シリーズを発表、7月下旬より発売する。レッド/ホワイト/ブラックの3カラーバリエーションを用意、価格はいずれもオープン。予想実売価格は4980円だ(税込み)。

photophotophoto EIPH108シリーズ

 EIPH108シリーズは、パンタグラフキーを採用するUSB接続対応の薄型デザインキーボード。アクセントとしてゴールドのラインを本体周囲に配したほか、ボディトップ部をラバーコーティング仕上げとした独自デザインを採用している。

 キー配列は日本語108キーで、計7つのホットキーを内蔵。本体奥側にはUSB 2.0ハブ×2基を装備した。本体サイズは438(幅)×170(奥行き)×28(高さ)ミリ、重量は約830グラム(ケーブル含む)。対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう