ニュース
» 2009年01月26日 16時20分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「金返せ!って言われても……」シーゲイト製HDDの波紋 (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

電気街が一時騒然となった旧日通ビルの火災

旧日通ビルの建設現場で起きた火災

 調査当日の1月23日、午後2時45分ごろに旧日通ビル(現在建設中)の工事現場に黒煙が上がり、多数の消防車が出動する事態となった。中央通りからも目視できるほどの煙が上がり、現場周辺は騒然。すぐに人でごった返す状況に。PCパーツショップ密集地の道路には消火ホースが走り、周囲は消防隊員によって「立ち入り禁止」のテープが張られたが、そのままくぐりぬける人も大勢いた。

 火災現場には21人の作業員が取り残されたが、幸い、無事全員救助され、現場に待機していた救急車で運ばれていった。また、火災も1時間程度で鎮火に向かい、大事には至っていない。

 火災の情報はすぐさま街を駆け巡り、各ショップの店員さんも緊急時の対応に思索を巡らせていた。ある店員さんは「煙がひどくなったら、すぐに店を閉めてお客さんの安全を確保しなければいけません。アキバでは1〜2年に1回くらいのペースでボヤ騒ぎがあるので、みな対応にはなれていると思いますよ」と語っていた。

 とはいえ、消防車が出動中も「店内外のユーザーの様子がいつも通りだった」(某ショップ)ため、目立って特別な措置をとる店舗はなかったようだ。

消防活動中のPCパーツショップ密集地の様子(写真=左)。現場付近は人だかりができていた(写真=中央)。中央通りには消防車が多数停まっていた(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう