連載
» 2009年04月02日 12時00分 公開

5分で分かった気になるアキバ事情:ツクモが脱皮を完了した3月のアキバ (4/4)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ローからハイまで注目のmicro ATXマザーが登場!

ASUSTeK「RAMPAGE II GENE」

 マザーボードの新製品は。注目株がmicroATXサイズに集まっていた。特に店頭で目立っていたのは3月後半に登場したASUSTeKのX58マザー「RAMPAGE II GENE」だ。PCI Express x16スロット2基と、DDR3メモリスロット6基を備え、3-way SLIやCrossFire Xに対応する。ATXサイズの製品に引けをとらない構成に、クレバリー1号店は「同じ性能と機能を備えているなら、より小さいものを求めるのが日本人の気質です。海外ではどうか分かりませんが、RAMPAGE II GENEでCore i7マシンを組みたいという人は多いと思います。あこがれになるレベルのマザーですね」と絶賛していた。価格は3万2000円前後。

 なお、microATXサイズのX58マザーは2月に「LANPARTY JR X58-T3H6」が登場している。こちらも6基のDDR3メモリスロットと2基のPCI Express x16スロットを備えており、好調に売れているという。「DFIだけあってオーバークロック志向の人に人気があります。RAMPAGE II GENEの登場して人気は分散すると思いますが、信頼性の高さは同レベル。どちらもロングヒットしそう」(T-ZONE.PC DIY SHOP)と評価が高い。価格は3万円弱だ。

 一方で、Atomをオンボードしたマザーボードも久しぶりに登場している。Jetwayの「ATOM-GM1-330」で、価格は1万円弱。Atom 330を搭載しており、DDR2メモリスロットを2基備えているのが特徴だ。最大4Gバイトのメモリが利用できる。そのほか、PCI Express x1スロット1基とPCIスロット2基を備えている。入荷したクレバリー1号店は「Atomマシンを組む際は一定の用途を決めるのが理想ですが、テレビマシンやサウンドマシンなどは、ある程度の拡張性がないと実現できません。そういう意味でATOM-GM1-330は自作の可能性を広げたと言えますね」と語る。

 ローエンド志向で人気を博しているMSI「G31M3-F V2」も3月後半に登場した。グラフィックス機能を内蔵するIntel G31 Expressを搭載し、価格は5000円弱と非常に安い。BLESS秋葉原本店は「オンボードグラフィックス機能を備えることで、外付けGPUが不要になるのが魅力です。Netbookよりも安いマシンがインテル系で組める貴重なアイテムです」と話していた。

DFI「LANPARTY JR X58-T3H6」(写真=左)。Jetway「ATOM-GM1-330」(写真=中央)。MSI「G31M3-F V2」(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう