ニュース
» 2009年10月07日 14時12分 公開

CEATEC JAPAN 2009:400グラム+7.5時間駆動+SSD──工人舎にあった「もう1つのポケットに入る」小型XPマシン (2/2)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

USBは、通常のAタイプを搭載

 このほか、USB 2.0端子にmini USBでなく一般的なUSB Aを採用したのはポイントの1つだ。PAシリーズは、通信機能にIEEE802.11b/g準拠の無線LANとBluetooth v2.0+EDRを備えるが、常にインターネットに接続する環境を望むユーザーは、ワイヤレスWAN環境としてUSB接続型の3GないしモバイルWiMAXのデータ通信端末を用意する。こういったシーンで、変換アダプタなしでより楽に利用できるようにするための対処とのこと。ワイヤレスWANモジュールの“内蔵化”は、ボディサイズと価格に大きく影響するので現状は困難とするものの、可能であれば今後実現したいという。ついでに、アナログRGB出力端子(専用端子−D-Sub端子変換ケーブル)も用意する。

photophoto ディスプレイは1024×600ドットの4.8型ワイドタッチパネル液晶。光センサー式のポインティングデバイス(ディスプレイの左)を備える。キーボードはPMシリーズと同じ56キーでキーピッチも同等。キーボード下部にもう1つのポインティングデバイスがある
photophoto 厚さは最薄部10ミリ、最厚部26ミリ。ヒンジ部に7.4ボルト/2600mAhの7.5時間駆動バッテリーを備える。左側面にワンセグアンテナとスタイラスペン、右側面にUSB 2.0(A)、イヤフォン出力、アナログRGB出力(専用端子)がある

 このPAシリーズは参考展示という扱いで、発売時期や価格は2009年10月現在、まだ未定。価格については「弊社はさまざまな利用シーンに応じたスタイルの(少しとんがった)モデルを、リーズナブルな価格で提供するメーカーと認識されていると思います。この期待には応えたい──と思っています。ちなみに現在、下は4万9800円、上は7万9800円のモデルがありますので、この間には……(略)」(説明員)とのことだ。


photophotophoto 発売ほやほやの345グラム超小型XPマシン「PM」シリーズの注目度も高い。このほか、ATOM搭載の既存モデル各種にWindows 7 Starter搭載モデルを追加する。発売は2009年10月下旬の予定だ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう