レビュー
» 2011年04月05日 13時01分 公開

イマドキのイタモノ:“5830”の再来?――Barts世代のバリューGPU「Radeon HD 6790」を走らせる (2/2)

[石川ひさよし,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ゲームタイトルで変わる「6850寄り」「5770寄り」

 Radeon HD 6790は、6000シリーズとはいえ、メインストリームに近い価格帯のGPUだが、ベンチマークテストで使うシステムの構成は、CPU側のボトルネックを最小とするためにCore i7-980X Extreme Edition(3.33GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.6GHz)を基幹としたハイエンド構成を用いている。

評価用システムの構成
CPU Core i7-980X Extreme Edition(3.33GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.6GHz)
マザーボード ASUS Rampage II Gene
チップセット Intel X58 Express + ICH10R
メモリ DDR3-1066(4Gバイト×3)
HDD WD5000AAKS(500Gバイト/7200rpm/16Mバイト)
OS 64ビット版 Windows 7 Ultimate

3DMark06:3DMarks、nonAA/nonAN
3DMark06:3DMarks、8xAA/8xAN

3DMark Vantage:Overall
3DMark Vantage:Graphics

3DMark 11:3DMarks
LOST PLANET 2:DirectX 11、テッセレーション:Heavy

BIOHAZARD 5:DirectX 10
The Last Remnant:DirectX 9

消費電力

 Raden HD 6790のスコアは、3DMark 06ではRadeon HD 5770に近い一方で、3DMark VantageではRadeon HD 6850に近い。ただし、3DMark Vantageの結果を条件ごとに検討すると、“Performance”ではRadeon HD 5770比で117%であるが、“High”で114%、“Extreme”で111%と、負荷を上げていくとRadeon HD 5770に近づいていく。一方で、Radeon HD 6850のスコアはRadeon HD 5770比で常に126%前後をキープする。この傾向は、3DMark11でも同様だ。

 ゲームタイトルを利用したベンチマークテストの結果では、DirectX 11に対応するLOST PLANET 2でわずかにRadeon HD 5770寄りであるものの、Radeon HD 6850とRadeon HD5770のほぼ中間になる。DirectX 10対応のバイオハザード5では、ややRadeon HD 6850寄りになって、The Last RemnantではRadeon HD 5770寄りとなった。ゲームタイトルのベンチマークテスト全般を通してみれば、Radeon HD 6790の結果は、Radeon HD 5770より上でRadeon HD 6850より下の中間にあるが、グラフでは常に同じ間隔で並ぶのではなく、ゲームタイトルによって、どちらに寄る傾向が確認できた。

 GeForce GTX 550 Tiとの比較では、ゲームタイトルのベンチマークテストにおいて、GeForce GTX 550 Tiに差をつけられて下回る一方で、3DMark系のベンチマークテストでは、GeForce GTX 550 Tiを上回る。

 なお、Radeon HD 6790のリファレンスデザインでは、Radeon HD 6850よりコアクロックやグラフィックスメモリクロックは高いわけで、Radeon HD 6850よりベンチマークテストのスコアが低いのは、ROPsやZ-Stencilが半減されていることが影響していると考えていいだろう。

 Radeon HD 6790の消費電力では、3DMark VantageのGT1における消費電力でRadeon HD 6850を下回るが、LOST PLANET 2での消費電力は10ワット弱ほど上回る。ただ、仕様ほどの大きな差は確認されていない。

実売価格も「6850と5770の中間」なのか?

 Radeon HD 6850と、しばらく併売されるというRadeon HD 5770の間を埋めるRadeon HD 6790は、実売価格も両者の中間となるのだろうか。そうであるならば、「低価格な6000シリーズ」として存在感を示すだろう。ただ、Radeon HD 6850も最近では実売価格が下がっている状況でコストパフォーマンスを訴求できるかが難しいところだ。あまり差がでないようであれば、確実に性能が高いRadeon HD 6850を選ぶはずだ。

 自作PCユーザーとしては、Radeon HD 5830でも注目された“DisabledストリームプロセッサコアのEnable化”や、オーバークロックで期待したいGPUといえるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう