ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「Radeon HD 6000シリーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Radeon HD 6000シリーズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

27インチiMacで「AMD Radeon 6970M」交換プログラム
27インチiMacに搭載されているGPUの一部に不具合があり、アップルは無償交換プログラムを実施する。(2013/8/22)

ほぼ7970×2基:
“最強”カード? 「Radeon HD 7990」のパフォーマンスを検証
Maltaこと「Radeon HD 7990」が登場。Radeon HD 7900シリーズGPUを2基搭載したゲーマー向けのウルトラハイエンドグラフィックスカードだ。ベンチマークスコアを狙うオーバークロッカーや、どんな高負荷なゲームでも快適に楽しみたいゲーマーは必読!!(2013/4/24)

2013年4月出荷分から対応:
EIZO、27型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG276」に4K×2Kの縮小表示機能を追加
EIZOの27型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG276」は、2013年4月生産分から4K×2Kの高解像度信号入力に対応。2560×1440ドットの液晶パネルに縮小表示が可能になる。(2013/4/22)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2012年のCPUとGPU
“イマイタ”で2012年に掲載したのはCPUが5回にGPUが11回。そのほか、チップセットや自作入門、クーラーユニットからベアボーンにも注目した自作PCを総括! (2012/12/31)

2012年のアキバまとめ(前編):
「GeForce GTX 680」や「Ivy Bridge」で盛り上がったアキバの上半期
2012年、最初の目玉は「Radeon HD 7970」。当時は、「Windows 8」も「Ivy Bridge」も一部で「あー、もうすぐらしいね」と言われる程度の存在感しかなかった。そんな“少し前なのに大昔”でもあるPC自作街を振り返ってみよう。(2012/12/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これは売れる」「微妙だろ……」 評価が激しく別れる「Trinity」
10月2日にデビューしたAMDの新APU「Trinity」は、アキバでも高評価と冷めた目が入り乱れる不思議な存在になっていた。このアンバランスを成立させるのもAMDの魅力……かも。(2012/10/9)

イマドキのイタモノ:
これがPiledriverの威力だ!(いろんな意味で)──TrinityのCPUパワーを試す
待って待って、ついにというようやくというか、自作PCユーザー向け“Trinity”が“正式”に登場する。BulldozerベースのCPUコアは、どんな実力を発揮する?(2012/10/2)

イマドキのイタモノ:
ついにというかようやくというか──デスクトップPC向けTrinityのグラフィックス性能をチェックする
待って待って、依然として待ったままの自作PCユーザー向け“Trinity”。もう少し待ってもらうけれど、3D性能を試してみてもいいよ、ということになったらしい。(2012/9/27)

週末アキバ特価リポート:
型落ちってすばらしい――納得&安心で激烈に安いパーツたち
特価品は“ワケあり”のワケが理解できないとリスキーに感じるが、ワケが自分のニーズと相反しないものと分かると、ものすごくお得に感じるもの。最新でなくてもいい人にパラダイスな型落ち特価を集めてみた。(2012/5/19)

イマドキのイタモノ:
「Bulldozer“改”!」というPiledriverを導入した「Trinity」の実力を試す
AMDは、第2世代のFusion APU「Trinity」が発表した。ノートPCモデルから登場するPiledriver導入のAシリーズは、Sabine世代からどれだけ“腕”を上げたのか?(2012/5/15)

Trinity=Bulldozer+Northern Islands:
大解説! Triniryに搭載した“Piledriver”と新技術
AMDが第2世代Fusion APU Aシリーズ“Trinity”を発表した。ノートPC向けモデルが先行となるが、そこに導入した新技術と“デスクトップPC向け”の動向を探る。(2012/5/15)

Aシリーズで“TDP 17ワット”が登場:
AMD、“Triniry”世代のFusion APU Aシリーズ発表
AMDは、Fusion APUのAシリーズで第2世代となる新モデルを発表した。開発コード名「Trinity」と呼ばれていたコアで、ノートPC向けの5モデルが登場する。(2012/5/15)

吉田社長も自分の足で楽しみました:
“Ivy Bridge”搭載PCに純正マザーが集結!──「Intel Technology Day in Akiba 2012」
深夜販売の興奮が残る秋葉原で、インテルが大規模イベントを行った。昼間の主役はインテル純正マザーにショップブランドPC、そして……、そう! 吉田社長だ! (2012/4/29)

週末アキバ特価リポート:
“新型CPU”の深夜販売!! アキバでお祭りはじまるよー
4月29日0時の新CPU発売を記念して、28日夜から深夜販売を実施するショップが複数現れた。ツートップ秋葉原本店のみだったZ77/H77/B75マザーのときよりも、賑やかなイベントになるはず!?(2012/4/28)

5分で分かった気になるアキバ事情:
CPUとGPUが“次”に進んだ3月のアキバ
Sandy Bridge世代のXeonが登場し、定格4GHz超のFX-4170がデビュー。一方のGPUでは、Radeon HD 7000ファミリーに続いて、ライバルのGeForce GTX 680がヒットを飛ばす。CPUとGPU回りが熱い1カ月だった。(2012/4/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
定格4GHz超えのCPUや“ロクハチ”など、大物パーツが続々登場
先週はアキバ全体が盛り上がる大物新製品が多数登場した。標準4.2GHz動作の「FX-4170」に、早速大ヒット中の「GeForce GTX 680」カードがいまのアキバにはある。(2012/3/26)

PR:若者よ! IdeaPad Z575で新ステージのトップを目指せ!
ビジネスの現場では、PCの性能が君の成績を左右する。必要なのは高性能なPCだ。え、高くて買えない? そういう君のために「IdeaPad Z575」があるんだな。(2012/3/7)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 7800」シリーズは、性能も消費電力も“チョードイイ”のか?
Radeon HD 7000シリーズの“まんなか”モデル「Radeon HD 7800シリーズ」が登場。7900と7700に挟まるこのシリーズの性能と消費電力をギュルンと確認する。(2012/3/5)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“新世代”が充実してきた2月のアキバ
Radeon HD 7000シリーズのミドルレンジやC2ステッピングのSandy Bridge-Eが登場し、最新世代のラインアップが充実した2月。クレバリー各店舗の再編など、街の動きもあった。(2012/3/1)

3930K、580GTX、高速SSD:
“赤い”は速い! SandyBridge-E世代のゲーミングPC「HP Pavilion Desktop PC h9-1190jp」を駆る
日本HPの「HP Pavilion Desktop PC h9-1190jp」は、水冷システムを採用したゲーミングモデルだ。赤く光る“Phoenixデザイン”はいかにも強くて速そうだけど、実際はどうなの?(2012/2/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「まあ、バルク品増えてますよね」――2万円台のSandy Bridge-Eが登場!
Sandy Bridge-Eで初の4コアタイプとなる「Core i7-3820」が登場。リテール版は品薄で、バルク品は比較的潤沢に出回っている……って、最近バルクのCPU、多くない?(2012/2/20)

イマドキのイタモノ:
この消費電力でこの性能──エコなGPU「Radeon HD 7700」シリーズはどこまで走る?
“Graphices Next Core”を採用する新世代GPUシリーズは“Tahiti”“Pitcairn”“Cape Verde”が登場する予定。その“三男”となるCape Verdeの実力を知る!(2012/2/15)

デル、ゲーミングPC「ALIENWARE Aurora」にCorei7-3820搭載下位モデル
デルは、同社製ゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE Aurora」のラインアップにCorei7-3820を搭載したスタンダードモデルを追加した。(2012/2/14)

ストーム、ゲーミングPC「Storm Power Gamer-A」をリニューアル
ストームシステムテクノロジーは、同社製ゲーミングデスクトップPC「Storm Power Gamer-A」の新仕様モデルを発表。搭載CPUをFX-6100とした。(2012/2/3)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“新世代”に切り替わる兆しが多かった1月のアキバ
Radeon HD 7000シリーズのハイエンドGPUが登場した1月。CPUでも、Phenom IIが急速に姿を消し、C2ステップのSandy Bridge-Eが出回るなど、新旧交代の動きが目立った。(2012/2/1)

イマドキのイタモノ:
Radeon HD 7950の“ほどよいバランス”を確かめる
Tahiti世代の「Radeon HD 7950」が登場。“弟分”ゆえ、性能と消費電力、価格のバランスが気になるところ。ベンチマークテストの“意外な結果”も注目だ。(2012/1/31)

「Battlefield」モチーフの改造PCが豪華 なぜか冷蔵庫付き
ミニガトリング砲にUSBクーラーのついた「Battlefield」風改造PCを有名な改造マニアが製作した。(2012/1/30)

2012年PC春モデル:
“リアル8コア”搭載の水冷ゲーミングモデルなど4機種――「HP Pavilion Desktop PC」
セパレート型デスクトップPCの「HP Pavilion Desktop PC」シリーズは、「h9」と「p6」がフルモデルチェンジ。最上位のh9は赤く光る水冷システムを採用した。(2012/1/19)

ZALMAN、Radeon HD 6870グラフィックスカードなど3製品を発売
アスクは、韓国ZALMAN TECH製となるRadeon HD 6770/6850/6870採用グラフィックスカードなど計3製品の取り扱いを開始する。(2012/1/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
期待感大の「Radeon HD 7970」、売れ行きにばらつき
複数のメーカーから続々とRadeon HD 7970カードが登場。評価も上々だが、アキバでは早々に売り切るショップと、十分な在庫をストックするショップがあった。この差は?(2012/1/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これは素直にヒットしそう」――Radeon HD 7970カードが登場
2012年最初の大物新製品、Radeon HD 7000ファミリー第一弾にしてハイエンドの「HD 7970」搭載グラフィックスカードが登場した。各店舗の評価はおおむね高い。(2012/1/10)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のGPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したGPUは5モデル。例年になく静かな“休戦状態”だったが、2012年につながる“兆し”をベンチマークテストで振り返る。(2011/12/31)

2011年のアキバ(後編):
「予想できなかった」アキバの1年を振り返る
大震災以降は街全体を揺るがすような事態は訪れなかったが、タイ洪水の影響に代表される大きな変動はあった。ベテラン店員は「こんなの予想できるわけがないですよ」とつぶやく。(2011/12/30)

OVERCLOCK WORKS、“4GHz超え”動作のオーバークロックPC
OVERCLOCK WORKSは、オーバークロック設定のBTO対応PC「OCW-PREMIUM for 2011 Ultimate」を発売した。(2011/12/26)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 7970」で“Graphics Core Next”の実力と消費電力を探る
バッド、いや、グッドなタイミングで“Tahiti”がやってきた! 新世代GPUに期待は高まる。ならば! 花よりだんご! ケーキよりベンチマークテストだ(涙目)!(2011/12/23)

まさか、このタイミングででてくるとは:
大解説! 28ナノプロセスルール採用の新世代GPU「Radeon HD 7970」
AMDが“Southern Islands”と呼んで開発を進めてきた新世代GPUの最上位モデル“Tahiti”を発表した。その詳細をオースティンであった説明会から紹介する。(2011/12/22)

物欲が吹き出る、ウルトラハイエンドの実力:
PR:最新最強「Endeavor Pro7500」検証──“夢の世界”に達する至高のパフォーマンス
Sandy Bridge-E世代の最新最強システムを採用するフラグシップPC「Endeavor Pro7500」が登場。「夢の世界に行ってしまう」ほどという至高のパフォーマンスを試した。(2011/12/23)

デル、SandyBridge-E搭載の「ALIENWARE Aurora」新モデルを発売
デルは、ハイエンドゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE Aurora」シリーズのリニューアルを発表した。(2011/12/13)

ショップのダメ出し!:
“Z68最強構成”から「BF3」向けマシンに最適化してくれ
人気ゲームが続々と登場し、冬のボーナスが入る時期もやってきた。思い切りハイスペックなマシンが組みたくなるが、無意味な部分にお金をつぎ込んでも仕方ない。PC DIY SHOP FreeTの森田氏に、「Z68最強構成」からムダな肉をそぎ落としてもらう。(2011/12/7)

最新・最強の6コアCore i7対応:
エプソンダイレクト、ハイエンドデスクトップ「Endeavor Pro7500」
エプソンダイレクトが、同社フラグシップデスクトップPCをリニューアル。Intel X79+6コアCore i7のシステムを採用し、最大32Gバイト/クアッドチャネルメモリに対応する。(2011/12/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「デュアルチャンネルセット的な」――GeForce GTX 560 Tiの2枚組モデルが話題に
メモリの複数枚セットのように、グラフィックスカードにもSLI構築に向いた2枚セットモデルが数量限定で登場した。パーツの売り方もどんどん新しくなっていく。(2011/12/5)

5分で分かった気になるアキバ事情:
ハイエンド志向を刺激しまくった11月のアキバ
AMD FXシリーズの8コアモデルやバトルフィールド3パッケージモデルなど、10月の延長線をいくトレンドが多かったが、Sandy Bridge-Eがその上のいくインパクトを残した。(2011/11/30)

AMD、「バトルフィールド3」ダウンロードキャンペーン
日本AMDは、FPSゲームタイトル「バトルフィールド3」をダウンロードできるクーポンコードをプレゼントするキャンペーンを実施する。(2011/11/25)

TSUKUMO、BTO対応ゲーミングPC「G-GEAR」に“TERA推奨認定 限定デコレーションPC”を追加
Project Whiteは、TSUKUMOブランドモデルとなるゲーミングデスクトップPC「G-GEAR」において、MMORGP「TERA」推奨限定デザインモデルが登場した。(2011/11/21)

TSUKUMO、“Sandy Bridge-E”最上位のCore i7-3960X搭載モデル
Project Whiteは、CPUにCore i7-3960Xを採用したデスクトップPC、「Aero Stream RA7J-H35/XS」と「G-GEAR GA9J-H36/XS」の販売を開始した。(2011/11/17)

イマドキのイタモノ:
“ビックE”登場!──6コアな新世代ハイエンドモデル「Core i7-3960X」を全力で走らせる
これまでCore i7-900シリーズが担ってきたハイエンドセグメントを更新する“Sandy Bridge-E”が登場。LGA 2011で可能になった超性能を確かめてみよう。(2011/11/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「久々の瞬殺っすね」――8コアのAMD FXがようやくデビュー!
AMDの新ハイエンドCPU「FX-8150」が、発売日の昼には入手困難になるほどの反響をともなって登場。HDDショックは継続中ながら、バトルフィールド3の販売も始まり、自作市場はにわかに活気づいている。(2011/11/7)

5分で分かった気になるアキバ事情:
さまざまな“特需”をHDDショックが上書きした10月のアキバ
10月のアキバは、新CPU「AMD FX」シリーズの登場や「バトルフィールド3」特需など、盛り上がるトピックが多かった。しかし、それ以上にタイ洪水によるHDDの価格高騰と品薄の衝撃が大きかった。(2011/11/6)

AMD、“FX”シリーズ購入者が対象のプレゼントキャンペーン開始
日本AMDは、AMD FXプロセッサ購入者を対象としたプレゼントキャンペーン「AMD FXで遊ぼう。キャンペーン」を開始した。(2011/11/4)

ドスパラ、ゲーミングPC「Galleria」にFX-8120搭載モデルを追加
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「Prime A Galleria」シリーズのラインアップにAMD FX-8120搭載モデル2製品を追加した。(2011/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。