レビュー
» 2011年12月05日 17時00分 公開

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:真空管のイメージを一新させる力強いサウンド──トライオード「TRX-HD82」 (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

一般的な真空管のイメージとは異なるフォーカス感

photo  

 まずは出力を“TUBE”(真空管)に設定し、PC内音源を再生する。

 いわゆる“真空管ならではのサウンド”をイメージしている人は驚くかもしれない。骨格のしっかりした、それでいてソリッドなフォーカス感の高い音を聴かせてくれた。真空管ならではの柔らかさや付帯音はあまり感じず、それながらも倍音成分のそろいが美しいので女性ヴォーカルに声が明瞭でよく通り、歌に込められた感情もよく伝わってくる。

 なんというか情緒性の高いサウンドといえ、さらに声質が肉声的で親しみもある。女性ヴォーカルの楽曲をよく聴く人は、さらにそのアーティストに惚れてしまうかもと思える魅力的な音である。

 続いて“トランジスタ”に切り替えてみる。音色の傾向はほぼ同じだが、S/N感がかなり向上し、よりメリハリのある音となった。よりピュアになった効果か、アコースティックギターのカッティングに一段とキレが増し、ピアノの響きも雑味が減った。こちらは、音楽ジャンルやヘッドフォンの種類、音の好みによって使い分けながら楽しむとよいだろう。

 TRX-HD82は、一般的な真空管のイメージとは異なるフォーカス感の高さと、真空管ならではの響きの美しさをあわせ持つ、魅力的なサウンドが楽しめる。この音を聴けば、これまでの真空管に対するイメージが一新され、同時にオーディオ部品としての真空管のメリットも十分に感じられるだろう。


音質評価 TRX-HD82
解像度感 (粗い−−−○−きめ細かい)
空間表現 (ナロー−−−○−ワイド)
帯域バランス (低域強調−−−○−フラット)
音色傾向 (迫力重視−−−○−質感重視)



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう