レビュー
» 2012年02月16日 11時44分 公開

SandForceブランドコントローラを搭載:ライト性能が大幅強化!──Intel SSD 520シリーズの性能を探る (2/3)

[長畑利博,ITmedia]

Intel SSD 520の実力は?

 Intel SSD 520シリーズの性能を容量240GBモデル「SSDSC2CW250A3」と従来のIntel SSD 510シリーズの容量250GBモデル「SSDSC2MH250A2」を使用してベンチマークテストで検証した。なお、容量が異なるため直接の比較はできないが、購買時の参考用にユーザーが多いCrucial Crucial m4シリーズ64Gバイト版「CT064M4SSD2」(0309ファームウェア)も同条件で測定をしている。ベンチマークテストの内容は「CrystalDiskMark v3.0.1b」と「HD Tune Pro 5.00」、「PCMark 7」、「AS SSD Benchmark」。接続設定はすべてAHCIモードで、Serial ATA 6Gbps用インタフェースを使用する。ドライバはIntel Rapid Storage Technology(10.8.0.1003)をインストールした状態で計測を行っている。

テスト環境
CPU Core i7-2600K(3.4GHz)
マザーボード ASUS P8Z68M-PRO(Intel Z68 Expressチップセット)
グラフィックスカード 玄人志向 GF8500GT-E256H/HP(NVIDIA GeForce 8500 GT)
メモリ Corsair Memory CMX4GX3M2A1600C9 PC3-12800(DDR3 1600MHz DDR3 SDRAM 2Gバイト×2)
OS 64ビット版 Windows 7 Ultimate

CrystalDiskMark v3.0.1b

 CrystalDiskMarkのテスト内容は、デフォルトのランダムデータとHD Tuneなどの海外製ベンチマークテストで使用されている“0”を書き込む「0Fill」の両方を計測している。デフォルトのランダムデータのシーケンシャルリードはIntel SSD 520が478Mバイト/秒、Intel SSD 510が481.5Mバイト/秒、シーケンシャルライトはIntel SSD 520が302.8Mバイト/秒、Intel SSD 510が336.5Mバイト/秒という結果だった。いずれも公称値には届かず、結果もIntel SSD 510が上回っている。

 一方で、512Kバイトや4Kバイトの細かなファイルをランダム読み書きして性能を測るランダムリード・ライトは、512Kバイトのリードに関してはIntel SSD 520が411.1Mバイト/秒、Intel SSD 510が323.1Mバイト/秒となり、Intel SSD 520が上回る結果となった。さらに4Kバイトに関しては、リード・ライトともにIntel SSD 520が上回っている。NCQ使用時のランダム4Kバイトの性能を調べる「4K QD32」の項目では、Intel SSD 520がIntle SSD 510を2.5〜3倍程度上回る性能を見せている。ファイルサイズを4000Mバイトにした場合もこの傾向は変わらない。テストデータを0Fillにすると、コントローラの圧縮機能が有効となり、ほぼすべての項目でIntel SSD 510を上回る結果を出すようになった。

SSD 520 CrystalDiskMark ランダム 1000MB(写真=左)。SSD 520 CrystalDiskMark ランダム0Fill 1000MB(写真=右)

SSD 520 CrystalDiskMark ランダム 4000MB(写真=左)。SSD 520 CrystalDiskMark ランダム0Fill 4000MB(写真=右)

SSD 510 CrystalDiskMark ランダム 1000MB(写真=左)。SSD 510 CrystalDiskMark ランダム0Fill 1000MB(写真=右)

SSD 510 CrystalDiskMark ランダム 4000MB(写真=左)。SSD 510 CrystalDiskMark ランダム0Fill 4000MB(写真=右)

Crucial m4 CrystalDiskMark ランダム 1000MB(写真=左)。Crucial m4 CrystalDiskMark ランダム0Fill 1000MB(写真=右)

Crucial m4 CrystalDiskMark ランダム 4000MB(写真=左)。Crucial m4 CrystalDiskMark ランダム0Fill 4000MB(写真=右)

HD Tune Pro 5.00

 HD Tune Proでシーケンシャルリード・ライトのテストを行うBenchmarkテストの結果では、データファイルのサイズを大きめの8Mバイトと、小さめの64Kバイトの2種類で計測している。

 Intel SSD 520のテスト結果は、ファイルサイズ8Mバイトのシーケンシャルリードでは平均で508Mバイト/秒、ライトでは平均で332.1Mバイト/秒とCrystalDiskMarkのときよりはメーカーの公称値に近づいている。0Fillやランダムデータ、その2つを混ぜて計測する“Mixed”といったファイルを読み書きして4Kバイト IOPSの計測を行うFile Benchmarkでは、Intel SSD 520のIOPSの高さが明らかになっている。ほかのファイルサイズのIOPSのデータを計測するRandam Acsessでも、ほぼCrystalDiskMarkで出ているデータと同じような傾向となった。

SSD 520 HD Tune Pro Benchmark 64KBリード(写真=左)。SSD 520 HD Tune Pro Benchmark 64KBライト(写真=右)

SSD 520 HD Tune Pro Benchmark 8MBリード(写真=左)。SSD 520 HD Tune Pro Benchmark 8MBライト(写真=右)

SSD 520 HD Tune Pro Filebench 0Fillデータ(写真=左)。SSD 520 HD Tune Pro Filebench Mixedデータ(写真=中央)。SSD 520 HD Tune Pro Filebench Randamデータ(写真=右)

SSD 520 HD Tune Pro Random Access リード(写真=左)。SSD 520 HD Tune Pro Random Access ライト(写真=右)

SSD 510 HD Tune Pro Benchmark 64KBリード(写真=左)。SSD 510 HD Tune Pro Benchmark 64KBライト(写真=右)

SSD 510 HD Tune Pro Benchmark 8MBリード(写真=左)。SSD 510 HD Tune Pro Benchmark 8MBライト(写真=右)

SSD 510 HD Tune Pro Filebench 0Fillデータ(写真=左)。SSD 510 HD Tune Pro Filebench Mixedデータ(写真=中央)。SSD 510 HD Tune Pro Filebench Randamデータ(写真=右)

SSD 510 HD Tune Pro Random Access リード(写真=左)。SSD 510 HD Tune Pro Random Access ライト(写真=右)

Crucial m4 HD Tune Pro Benchmark 64KBリード(写真=左)。Crucial m4 HD Tune Pro Benchmark 64KBライト(写真=右)

Crucial m4 HD Tune Pro Benchmark 8MBリード(写真=左)。Crucial m4 HD Tune Pro Benchmark 8MBライト(写真=右)

Crucial m4 HD Tune Pro Filebench 0Fillデータ(写真=左)。Crucial m4 HD Tune Pro Filebench Mixedデータ(写真=中央)。Crucial m4 HD Tune Pro Filebench Randamデータ(写真=右)

Crucial m4 HD Tune Pro Random Access リード(写真=左)。Crucial m4 HD Tune Pro Random Access ライト(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう