Corsair、日本未出荷の新モデルを公開企業向けSSDコントローラ搭載モデルも(2/2 ページ)

» 2012年07月18日 19時44分 公開
[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Cosair Linkも日本で近日登場予定

 説明会では、日本での出荷はまだ未定の「Corsair Link」も紹介した。すでに北米では出荷しており、日本でも近日中に確定したいとCorsairは説明している。Corsair Linkは、専用のコネクタで接続した電源ユニット、メモリ、そして、クーラーユニットの温度を監視し、搭載するファンの回転数をコントロールできる。上位モデルでは、LEDイルミネーションと光パターンを制御する機能も利用できる。現時点でCorsair Linkの機能に対応するのは、メモリではDominator Platinum、電源ユニットではAX-1200i、そして、CPUクーラーユニットでは、H80とH100に限る。なお、Dominator PlatinumでCorsair Linkを利用するには、メモリオプションの「Airflow Pro」も必要になる。

 Corsair Linkで接続した機器の監視と設定は、ソフトウェアの「Corsair Link Dashboard」で行う。Corsair Link Dashboardは、無償ダウンロードでインストール可能だ。

Corsair Linkは、接続したメモリ、電源ユニット、CPUクーラーユニットの状態監視とファンコントロールを行う外付けユニットだ(写真=左)。設定や監視を行うユーザーインタフェースとして利用するCorsair Link Dashboardは、ダウンロードして無償で使える(写真=中央)。上位モデルではLEDイルミネーションモジュールとコントロール機能が付属する(写真=右)

サーバ向けに相当するコントローラを搭載したSSD「Neutron」

 同じく、日本出荷未定の製品として、SSDの最上位シリーズ「Neutron」も紹介した。コントローラにサーバなど企業向けSSDで採用例が多いLink A Mediaが手がけるLM87800を採用するのが最大の訴求ポイントとCorsairは説明する。データの圧縮、非圧縮を問わず高い転送レートを実現し、Corsairが示した容量256Gバイトモデルにおけるコントローラ別の転送レート比較では、SandForce、Marvellと比べて、ランダムアクセステストの結果で高い値を出していた。

 Neutronシリーズは、上位モデルの「Neutron Series GTX」と、下位モデルの「Neutron Series」が存在する。いずれもLM87800を採用するが、Neutron Series GTXでは、Toggle NANDを採用して、特に書き込み速度の高速化を図っている。

 Neutron Series GTXは容量120Gバイト、240Gバイト、480Gバイトの3モデルを、Neutron Seriesでは、120Gバイトと240Gバイトの2モデルをそれぞれ用意する。

上位モデルのNeutron Series GTXと(写真=左)、下位モデルのNeutron Series(写真=中央)。コントローラにLink A MediaのLM87800を採用するNeutron Seriesは、ほかのコントローラを搭載するSSDと比べてランダムアクセスで高い性能を示す(写真=右)

説明会の会場には、7月13日発表の「Vengeance Series C70」も展示していた。天板取っ手やサイドパネルロック、そして、カバーを跳ね上げないと押せないリセットボタンなど、ミリタリー風デザインが目立つミドルタワーPCケースだ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー