Thermalright、省スペースPCにも向く薄型デザインのCPUクーラー「AXP-100」

» 2012年12月05日 14時06分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ディラックは12月5日、台湾Thermalright製となるCPUクーラー2製品「AXP-100」「SilverArrow SB-E Extreme」の取り扱いを発表した。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ5980円前後/8980円前後(ともに税込み)。

photophoto AXP-100(左)、SilverArrow SB-E Extreme(右)

 AXP-100は、“スモールフォームファクタ専用”をうたうCPUクーラーで、高さ58ミリ(付属ファン含む)の省スペースデザインを採用しMini-ITXケースやHTPCケースなどでの使用が可能となっているのが特徴だ。

 冷却ファンは標準で10センチ角ファン「TY-100」を備えるほか、付属マウントキットにより12/14センチ角ファンの取り付けも行える。現行CPUすべてに対応するユニバーサルソケットを採用、ヒートシンク本体のサイズは121.1(幅)×105.47(奥行き)×44.15(高さ)ミリ、重量は360グラム。

 SilverArrow SB-E Extremeは、同社製のハイエンド向けCPUクーラー「SilverArrow SB-E」をベースに付属ファンを変更した上位モデルで、冷却ファンを同社製の最新ファン「TY-143」×2基とし冷却力を増大させている。本体仕様は従来同様で、ユニバーサルソケットを採用。ヒートシンク本体のサイズは154(幅)×103(奥行き)×165(高さ)ミリ、重量は750グラム。


photophotophotophoto 左からTY-140、TY-141、TY-143、TY-150

 またディラックは、Thermalright製冷却ファン計4製品「TY-140」「TY-141」「TY-143」「TY-150」を12月19日に発売する。いずれも同社製CPUクーラーへの置き換え/追加に向く冷却ファンで、TY-140/TY-141/TY-143の3モデルは一般的な12センチ角ファン相当の位置に取り付け穴を備えた。いずれもPWMに対応(TY-143はワイドレンジPWM対応)。TY-140はスリーブベアリング、ほか3モデルは2ボールベアリング仕様となっている。

 価格はオープン、予想実売価格はTY-140が1280円、TY-141が1480円、TY-143/TY-150が1680円だ(税込み)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  3. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  4. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  5. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー