ASUS、“合体”してタブレットにもなるAndroidスマートフォン「PadFone 2」の国内販売を開始SIMロックフリーで発売

» 2013年01月10日 13時01分 公開
[ITmedia]

 ASUSTeK Computerは1月10日、独自の“合体”機構を備えたAndroid搭載スマートフォン「PadFone 2」の国内販売開始を発表した。SIMロックフリーの仕様で1月12日に発売する。価格は7万9800円(税込み)だ。

photophotophoto 「PadFone 2」はスマートフォン本体と、装着してタブレットとして使う「PadFone 2 Station」で構成されている

photo PadFone 2 Stationの背面に、PadFone 2本体を装着できる

 PadFone 2は、4.7型液晶ディスプレイを搭載するAndroid 4.1.1搭載のスマートフォン。付属のドッキングステーション「PadFone 2 Station」の背面スリットにスマートフォン本体を装着することで、10.1型Androidタブレット端末として利用可能になるユニークなモデルだ。

 搭載CPUは、GPUのAdreno 320を統合したクアッドコアのSnapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHz)。メモリは2Gバイト、ストレージはeMMC 64Gバイトだ。microSIMを採用し、通信はW-CDMA(DC-HSDPA) 900/2100MHzに対応、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0もサポートする。120万画素のインカメラ、1300万画素のアウトカメラ、音声入出力も持つ。センサーはGPSのほか近接センサー、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープなどを内蔵した。

 ディスプレイはPadFone 2本体側が1280×720ドット表示のSuper IPS+液晶、PadFone 2 Station側が1280×800ドット表示のIPS液晶を採用する。

 PadFone 2本体側に2140ミリアンペアアワー、PadFone 2 Station側に5000ミリアンペアアワーのバッテリーを内蔵。バッテリー駆動時間は、本体側が最長約16時間(連続通話時)、合体時で最長約36時間(同上)だ。

 本体サイズおよび重量は、本体が68.9(幅)×137(奥行き)×9(高さ)ミリ/約135グラム。PadFone 2 Station側が263(幅)×180.8(奥行き)×10.4(高さ)ミリ/約514グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  3. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  4. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  5. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー