マッドキャッツ、先鋭デザインの多機能マウス/ヘッドセット/ゲーミングキーボードひみつ基地化、できそう

» 2013年07月11日 19時41分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 マッドキャッツは7月11日、多機能マウス「R.A.T.9」「R.A.T.7」、スマホ対応ヘッドセット「F.R.E.Q.M」の新カラー、ゲーミングキーボード「S.T.R.I.K.E.3」を発表、2013年8月9日より順次発売する。

photo R.A.T.9、R.A.T.7シリーズ

 R.A.T.9、R.A.T.7は、本体サイズ(長さ、幅、高さ)を調整できるサイズ可変機構、6400dpiの高性能レーザーセンサー、サムホイール、6個×3モード/計18の機能割り当てが行える同社製マウスの高性能志向モデル。Cyborgブランドで展開していた既存のゲーマー向けから、Mad Catzブランドでの展開に一新することで一般層に向けての訴求を強化。計4色のカラーバリエーションで展開する。

 R.A.T.9は2.4GHz帯無線を用いたワイヤレス仕様、R.A.T.7はUSB 2.0接続のワイヤード仕様となる。カラーはそれぞれ、マットブラック、ブラック、ホワイト、レッドの4種類。価格はR.A.T.9が1万4800円、R.A.T.7が9800円。

photo F.R.E.Q.Mシリーズ

 F.R.E.Q.Mはマイク機能も備えたヘッドセットの新カラーモデル。ヘッドフォン/マイクそれぞれのステレオミニ端子のほか、iPhoneを含むスマートデバイスの端子と互換性を持つ1本接続型の4極ステレオミニ端子で使用できる。インラインリモコンにより、手元でボリューム/フック操作が可能。折りたたみ機構で収納性にも優れる。

 カラーはマッドブラック、ブラック、ホワイト、レッドの4種類。価格は一万4800円。周波数特性は20〜2万Hz、ケーブル長は1.8メートル(Windows用)/1.4メートル(Mac、スマホ用)。

photo S.T.R.I.K.E.3シリーズ

 S.T.R.I.K.E.3は素早い反応と高耐久性、デザイン性を特長とするゲーミングユーザー向けキーボード。英語109キーを採用し、3色(ブラック、ホワイト、レッド)のカラーバリエーションを用意する。

 キースイッチに「P.U.L.S.Eメンブレン構造」を新たに採用し、反応性のよい入力感と従来モデル比約5倍とする高い耐久性を実現し、最大7キー同時押しでの操作も可能。計1600万色で発光するキーバックライトシステムや最大36個のマクロ/キーアサイン割り当て機能も備える。価格は9980円。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  9. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  10. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー