ニュース
» 2014年04月14日 11時39分 公開

「予想より好調です」――KabiniコアのAPU「Athlon/Sempron」がデビュー古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「APUセットで1万円」の選択肢が広い!――Socket AM1マザーの評価

BUY MORE秋葉原本店に並んだAM1マザー

 Socket AM1に対応したマザーボードも、ASUSTeKやMSI、ASRock、ギガバイトなどの主要メーカーから一斉に登場している。税込み価格は4500円前後から8000円弱。mini-ITXサイズが中心で、micro ATXタイプが少数混ざるという構成だ。

 売れ筋候補に挙げられるのは5000円前後のmini-ITXモデルだ。パソコンハウス東映は「APUとセットで1万円に収めたい人が多いしょうからね。サイズ的にはmini-ITXが主戦場になるのは、BayTrail-Dの売れ方を見ても明らかだと思います」という。

 一方で、多くのショップで最も目立っていたのは、8000円弱で売られているASrockのmini-ITXモデル「AM1H-ITX」だった。24ピンの内部電源とACアダプタの両コネクタを搭載しており、給電方式を選択できるのが最大の特徴だ。オリオスペックは「コレを買っておけば、普通のmini-ITXケースから超小型ケースまで自由に載せ替えられるので、マシンの外形にこだわる人には面白いと思います」と語る。同店では65ワットのACアダプタとのセット販売も実施中だ。価格は税込み1万円。

 ちなみに、AM1マザーはSoCタイプながら対応OSの幅が広いのも特徴。多くのマザーボードがWindows 7もサポートしている。さらに「XP用のドライバを用意しているモデルもあります。スタンドアロンで何かやりたいという人にとっては、実はものすごく貴重なマザーかもしれません」(BUY MORE秋葉原本店)と話していた。

ASRock「AM1H-ITX」。メモリスロット脇の24ピン電源コネクタと、背面のACアダプタ用コネクタを合わせ持つ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.