PC USER Pro
特集
» 2015年12月24日 13時30分 公開

2015年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5(3/3 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ガジェット部門:「Netatmo ウェザーステーション」

 最後に紹介するのは「Netatmo ウェザーステーション」。室内の気温や湿度、二酸化炭素濃度などを測定し、スマホやタブレットで変動の様子を表示できるほか、基準値を超えると通知してくれる製品だ。発売されたのは2014年だが、筆者が2015年に購入した製品の中では最もライフスタイルに影響を与えた製品ということで、ガジェット部門のベストチョイスとしたい。

Netatmo ウェザーステーション 「Netatmo ウェザーステーション」を、アプリをインストールしたiPhoneと並べたところ。ほぼ同一形状で背が低い屋外用モジュールとのセットになっている

 この製品の目玉は何といっても、二酸化炭素濃度が測れること。本製品を室内に設置しておくと、二酸化炭素が基準値の1000ppmを超えた時点で、換気が必要であることを知らせるポップアップがスマホに表示される。筆者の部屋だと、部屋を閉め切った状態でおおむね30分〜1時間ほどすると、このポップアップが表示されるので、換気に最適なタイミングが判断できるというわけだ。

スマホアプリ スマホアプリのホーム画面。天候や気温、湿度、気圧、騒音レベルなどが表示されるほか、二酸化炭素濃度を測ることもできるので、狭い部屋で閉めきって作業する場合に重宝する

 これまで筆者は部屋を閉め切ったまま数時間単位で作業を続け、息苦しさを感じるようになった時点で初めて換気していたのだが、それよりも早い段階でアラートが出るようになったことで、これまで換気に気を使っていても度々起こっていた頭痛の発生頻度が激減し、作業が効率的に行えるようになった。

 本製品には屋外用ユニットも付属しているので、室内に居ながらにして屋外の気温をチェックしたり、降雨予測をすることもできる。筆者は自宅で使用しているが、小規模なオフィスなどでもその進化を発揮しうるはず。競合製品と違ってiOS/Androidに両対応しているのも利点だ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.