連載
» 2018年01月08日 06時00分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:【実録】ネット切断時にスマートスピーカーは使えるのか (2/2)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

機器付属のリモコンはやはり必要

 以上のように、インターネットアクセスがなくなった場合、スマートスピーカーは全く利用できなくなってしまう。また組み合わせて使っているスマートリモコンも使えなくなるので、音声コマンドで家電製品をコントロールすることもできなくなる。

 こうした場合はスマートスピーカーでの操作を諦めて、機器付属のリモコンなどで操作することになる。スマホのテザリングで代替する方法もあるが、Google HomeのようにSSIDを切り替えることを想定していない設計だと、復旧後に元のネットワーク環境に戻すのもかなりの手間なので、あまり積極的にはおすすめできない。

Google Home App インターネットアクセスがない場合、Google Homeアプリはデバイスの再セットアップを促してくる。ネットにつながらなければ未セットアップと見なす仕組みなのかもしれない

 今回のようなケースは頻繁に起こるものではないだろうが、落雷が多い地域であれば、ルーターが被害をうけることで、上記のような状態になる可能性は少なくない。

 たとえスマートスピーカーとスマートリモコンが快適に使える環境であっても、機器付属のリモコンは使える状態をキープしておいたほうがよい、と痛感させられた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう