ニュース
» 2018年08月15日 15時29分 公開

「大和研究所は憎悪の対象だった」――初代IBM PC開封の儀で明らかになった「ThinkPad誕生の奇跡」(4/4 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

IBM PCギャラリー

 イベントでは登壇者が語るエピソードに初代IBM PCの開封とともに、「過去のIBM PC」「過去のThinkPad」「過去のデジタルガジェット」を来場者や登壇者が持ち寄って展示していた。ここからは、当日展示されていた興味深いハードウェアを紹介しよう。

俺のモバイルコンピューティングはここから始まったというユーザーも多い「ThinkPad 220」
ATARIのIBM PC互換パームトップ「Portfolio HPC-004」は1989年に登場した
IBMが開発したスマートウォッチ「WatchPad 1.5」
Type-IIPCカードに液晶モニターとキーボードを載せた「ChipCard TC-110」
シャープの「PA-171」が1枚まぎれていた
サブノートPCとともに黎明期のモバイルコンピューティング必須アイテム「Megahertz」モデムカードとフラッシュメモリカード
そして巻き取り式のモジュラーケーブル
ノートPCでビデオライブ配信を可能にしたPCカードタイプのカメラ「CE300」
右からThinkPad 230Cs、「チャンドラ」ことRIOSの「NT10」、そして、チャンドラ第2世代モデルをThinkPad仕様にした「ThinkPad 235」
一部関係者から「スマートフォンの先祖」という意見もある「ウルトラマンPC」こと「Palm Top PC 110」
Palm Top PC 110にCE300を組み合わせると屋外からビデオ配信が可能になった
Palm Top PC 110のシステムボード
1991年にRIOSのメンバーがVHSサイズを目指してデザインしたコンセプトモックアップ「モノリス」 Palm Top PC 110はモノリスの具現化ともいえ、システムボードには「MONOLITH 1992」の刻印がある
IBM初のラップトップであり、初のDOS/V導入モデルとなった「PS/55 5535-S」とCPUに80286を載せたAT互換機で日本語表示を目指していた(市販せず)開発コード名「HUDSON」
DOS/Vマガジン(後のDOS/V magazine)
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう