連載
» 2019年01月22日 06時00分 公開

内蔵カメラを物理的に隠すためのカバーを試す(第2世代Echo Show編)山口真弘のスマートスピーカー暮らし(2/2 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

両面テープを使ってカバーを貼り付け

 裏面のセロファンをはがし、Echo Showに実際に貼り付けたのが下の写真の状態だ。カバーの開閉は、指の腹を使ってスライドさせることで行える。色もEcho Showにマッチしていて違和感がなく、今回の目的は十分に達せられそうだ。

 Amazonで探すと、これとほぼ同型とみられるカメラカバーがいくつかある。Echo Showのオーナーの人は、こういったカバーを購入してカメラ部を覆っておけば、なにかと安心できるのではないだろうか。価格も数百円程度で済むし、余ったカバーは本来の用途であるノートPCにも使える。

 なお、Echo Showはもともと画面が光沢仕様で、反射防止のフィルムは欠かせない。そのため、このカメラカバーを使うにあたっては、必要に応じて先に反射防止フィルムを貼り付け、その上からカメラカバーを貼り付けるという順序で、作業することをお勧めする。

Echo Show カバーを貼り付けたところ。横向きではなく縦向きに貼り付けた。サイズ的にはかなりギリギリだ
Echo Show カバーを上にスライドさせるとカメラが現れる。写真では指で支えているように見えるが、カバーは上げた状態でしっかりと固定される
Echo Show カメラ未使用時は、カバーを下にスライドさせて閉めればよい
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.