ニュース
» 2019年01月23日 15時04分 公開

WD、リード最大3470MB/sのM.2 NVMe SSD ヒートシンク付きのゲーミングモデルも用意

ウエスタンデジタルは、最大2TB容量のモデルまでを用意したM.2 NVMe SSD「WD Black SN750 NVMe SSD」の販売を開始する。

[ITmedia]

 ウエスタンデジタルは、M.2フォームファクタ対応のNVMe SSD「WD Black SN750 NVMe SSD」を発表、本日から順次販売を開始する。容量ラインアップは250GB、500GB、1TB、2TBの4タイプを用意、価格はいずれもオープン。

photophoto WD Black SN750 NVMe SSD ヒートシンク非搭載モデル(左)、同 ヒートシンク搭載モデル(右)

 M.2 2280フォームファクタに対応した片面実装タイプのNVMe SSDで、リード最大3470MB/s(500GB/1TBモデル)、ライト最大3000MB/s(1TBモデル)を実現した。また高負荷時の性能低下を抑制できるヒートシンク搭載モデルも用意される(ヒートシンク付きモデルは2019年3月に提供開始予定)。

 SSDの動作モードを設定できる専用アプリケーションを用意しており、低電力モードを無効にしてピーク性能を維持できる“ゲーミングモード”機能なども利用可能だ。

関連キーワード

SSD | NVMe | ヒートシンク | Western Digital


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう