ニュース
» 2019年10月01日 13時00分 公開

96層QLCの「Intel 665P」をデモ さらに144層QLCへ――「Intel Memory & Storage Day」レポート (4/4)

[鈴木雅暢,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

クライアントPCのワークロードは90%が「QD1〜2」

 基調講演の後に別室で行われたLundell氏のセッションから、興味深いトピックをいくつかピックアップして紹介する。

 まず、Intelが2018年第4四半期にリリースしたIntel 660Pについて。この製品はQLC NANDのメモリセルをSLC相当(1セルあたり1bit記録)で動作させたSLCキャッシュを利用することで、QLCメモリセルのデメリットである書き込み性能の遅さを「隠蔽」し、実用十分な性能を確保している。

 SLCキャッシュは空き容量に応じて減っていくが、最大容量は2TBモデルで280GB、1TBモデルで140GBとなっている。容量を75%まで使うと、それぞれ最小で24GB、12GBまで減ってしまう。

 このSLCキャッシュの容量を超過した連続書き込みを行うと、QLC SSDは極端にパフォーマンスが低下する。しかし、同社が2018年に行った調査によると、全PCユーザーの50%は、実際に234GB以下のストレージ容量しか使用していないという。

 そして、234GBデータを記録した状態での最大SLCキャッシュ容量は、2TBモデルで280GB、1TBモデルで140GB。つまりパフォーマンスの低下なしに使えている。要するに、Intel 660Pは少なくとも全PCユーザーの50%を満足させられる仕様であるのだ。

 Intel 660Pは、あくまでもライトユースやエントリーユーザーが想定ターゲット。このターゲットに限定すれば、従来のTLC SSDと変わらず快適に利用できる。

 また、クライアントPCにおけるワークロードの90%は「QD1」または「QD2」という低QD(Queue Depth)環境であるという調査結果を示した。検証方法についても、ストレージのシーケンシャルやランダムのリード/ライトといったローレベルの評価をする「Synthetic(人工的な)」ベンチマークだけでなく、アプリケーションの起動やプロジェクトファイルのロード時間計測をマルチタスク環境で行うなど、実際のユーザーの使用シーンを再現した「Real-World」のテストを取り入れることが望ましいとした。

 なお、Intelが推奨する具体的な評価方法については、「Optane Memory Evaluation Guide」として公開されており、誰でも見られるようになっている。

Intel 660P Intel 660Pは、世界初のクライアント向けPCIe QLC SSD。2018年第4四半期に投入された
660Pの仕様 Intel 660PのSLCキャッシュ(空き容量のQLCをSLC相当で動作させて高速キャッシュとして使う機能)の仕様。空き容量が少なくなるほど減る仕様となっている
意外と良好なパフォーマンス 書き込みデータがSLCキャッシュ容量を超過すると書き込み性能が極端に落ち込む。このことはIntelも承知している。検証時の注意事項として、あくまでもライトユース向け、あるいはOptane SSDと共に使う製品であること、そしてSLCキャッシュからの書き出し時間を考慮して十分なインターバルを置く必要性があることに言及している
QD クライアントPCにおけるアプリケーションレベルのワークロードのQD(Queue Depth)。種類を問わず、QD1〜QD2に偏っている
クライアントPCのQD クライアントPCのワークロードはQD1〜2が約90%以下、リード/ライトの比率はリード70:30だという。QD1のリードに強いOptane Memory H10のアドバンテージもアピールした
リアルワールドベンチも重要 シーケンシャルリード/ライトなどを計測する「Synthetic(人工的な)」ベンチマークだけでなく、アプリケーションの起動など実際のユーザーの使用シーンを再現した「Real-World」のテストを取り入れることが望ましいという
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう