ニュース
» 2019年10月07日 13時51分 公開

SKT、13.3型E-Inkパネルを採用したAndroidタブレット

SKTは、E-Inkパネルを採用した電子書籍閲覧向きの13.3型Androidタブレット「Boox Max3」を発表した。

[ITmedia]

 SKTは10月7日、E-Inkパネルを採用した電子書籍閲覧向きの13.3型Androidタブレット「Boox Max3」を発表、販売を開始した。価格は8万9800円(税別)。

photo Boox Max3

 表示解像度2200×1650ピクセルの13.3型E-Inkパネルを搭載したタブレット端末で、OSとしてAndroid 9.0を導入。CPUとしてQualcomn Octa-core(2.0GHz)を搭載、メモリはLPDDR3 4GB、ストレージはeMMC 64GBを内蔵した。4096段階の筆圧検知に対応したワコム製スタイラスペンも利用可能だ。

photo

 接続インタフェースはUSB Type-Cに対応、QC 3.0での高速充電もサポートした。またPC用の簡易サブディスプレイとしても利用可能なセカンドモニター機能も備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう