ニュース
» 2019年02月15日 17時02分 公開

E-ink搭載の13.3型Androidタブレット「Boox Max2 Pro」発売 8万9800円

SKTは、電子ペーパー「E-ink」パネルを搭載したOnyx InternatinalのAndroidタブレット「Boox Max2 Pro」を発売。筆圧感知と傾き検知機能を持つワコムスタイラスの採用した。価格はミヤピックスのノングレア保護フィルム、RAVPowerのUSBチャージャーがセットで8万9800円(税別)。

[エースラッシュ,ITmedia]

 SKTは、2月15日にOnyx InternatinalのAndroidタブレット「Boox Max2 Pro」を発売した。Amazon.co.jpやYahooショッピングの各店舗で取り扱う。価格はミヤピックスのノングレア保護フィルム、RAVPowerのUSBチャージャーがセットで8万9800円(税別)。

Photo Boox Max2 Pro

 本製品は、13.3型(2200×1650ピクセル)の電子ペーパー「E-ink」パネルを搭載したAndroidタブレット。4096段階の筆圧感知と傾き検知機能を持つワコムスタイラスを採用し、滑らかな描き心地を目指した。電磁誘導式のためペン用の乾電池は不要で、保存後はPDFとしてDropboxやEvernoteに転送できる。

PhotoPhoto 正面(写真=左)と裏面(写真=右)と

 eReaderモードでは電子書籍のリーダー機能と専用アプリを利用でき、Bluetoothに対応しているためキーボードと組み合わせればどこでも文章を記述可能。microHDMI経由で外付けディスプレイとしても利用できる。ノートアプリのソフトウェアのバージョンが2.0となり、各種機能が拡張されている。

Photo eReaderモード

 OSはAndroid 6.0、メインメモリは4GBでストレージは64GB。バッテリー容量は4100mAh。バックキーや電源キー、ページ操作ができるキーを備える。サイズは325(高さ)×237(幅)×7.5(奥行き)mm、重量は550g。カラーはホワイト。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう