ニュース
» 2019年11月05日 07時30分 公開

eスポーツが身近に:仮装しながらアキバでバトルロイヤル!?――マウスコンピューターの「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」レポート (1/2)

各所でハロウィンパーティーが開かれる中、秋葉原ではマウスコンピューター主催「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」が開催された。「ドン勝」の称号を得たのは誰だ?

[渡辺まりか,ITmedia]

 マウスコンピューターは10月31日、「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」(以下、ハロウィンナイト)を東京・秋葉原の「e-sports SQUARE AKIHABARA」で開催した。2018年に引き続き2回目となる。

ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 ハロウィンナイトの会場となった「e-sports SQUARE AKIHABARA」
ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 ハロウィンナイトの参加者たち。コスプレしての入場が条件だったが、受付でグッズの貸し出しも行われていた

 「ドン勝」とは、ゲーム内で最後の1人(またはチーム)になるまで戦い、生き残ることを指す。同イベントでプレイするのは、人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG」(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)だ。

 PUBGには、4人1組のチーム戦「SQUAD」(スクワッド)、2人1組で協力し合いながら生き残る「DUO」(デュオ)、個人戦の「SOLO」(ソロ)の3つのモードがある。プレイヤーは、丸腰の状態でマップ上に降り立ち、武器やアイテムを拾いながら、それらを駆使して生き残りを懸けていく、というのがゲームの主な内容となっている。

ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 ハロウィンナイトで行われたPUBGの熱き戦い

今年はゲストを倒した人も賞品をゲット

 ハロウィンナイトでは、マウスコンピューターの杉澤竜也氏がさっそうと登場し、「ゲームのうまい下手は関係なく、初心者でも楽しんでもらいたい」と挨拶を述べ、同イベントのルールが説明された。

ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 本日の杉澤氏の衣装は、まるでドラキュラ伯爵。マント一枚でこの貫禄だ

 ハロウィンナイトでは、SQUAD、DUO、SOLOの3モードを1戦ずつ実施した。それぞれの方法で対戦した優勝者に加え、3ゲームの中で特別ゲストを倒した人へも「ゲスト打倒賞」が贈られる。

ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 何とSOLOでドン勝すると、ゲーミングノートPC「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5565SA1」がもらえる
ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 仮装コンテスト優勝者には、リフレッシュレート144Hz、応答速度1msの24.5型ゲーミングモニター「G-MASTER GB2560HSU-2」が贈られる

 特別ゲストとして、マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune」が協賛する女性ゲーミングチーム「G-STAR Gaming」から倉持由香さん、野々宮ミカさん、夏乃さやかさんが、そして「Crest Gaming」からは梨蘭さんが参加したが、同ルールが説明されるとゲストたちが一斉に「いやだ〜!」「それじゃあ、私たちが狙われやすくなっちゃうじゃん!」と叫び、会場からは笑いが巻き起こっていた。

ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 豪華な特別ゲストの皆さん。左から梨蘭さん、夏乃さやかさん、野々宮ミカさん、倉持由香さん

 さらに、「ハロウィン仮装コンテスト」も行われた。参加したい人は、まずチェキブースで仮装姿をチェキってもらう。次いで、ホワイトボードに貼られたチェキを見た人たちが投票し、得票数の多い人が受賞するという仕組みだ。1〜3位まで選ばれるが、その他に「倉持さん特別賞」も設けられ、“世界に1つだけ”の「倉持由香さんサイン入りG Tune ゲーミングマウスパッド」が贈られる。

 ゲーム実況は、eスポーツキャスターのシンイチロォ氏と「DetonatioN Gaming」所属のMelofovia選手。それぞれピエロとフランケンシュタイン(?)の仮装で、盛り上げた。

ドン勝ハロウィンナイト Vol.2 左からMelofovia選手とシンイチロォ氏。シンイチロォ氏は鼻に付いていた赤いボールを司会進行中に「邪魔〜!」と取ってしまった後で、逆にMelofovia選手はヅラと衣装でフランケンシュタインへと変身する前
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう