ニュース
» 2019年11月27日 13時00分 公開

インテル、国内でも同社初のエクサスケールGPU「Ponte Vecchio」の概要を披露

インテルは11月27日、東京都内でAIに関する記者説明会を実施し、同社のXe GPUアーキテクチャに基づいたHPC/AIアクセラレーション向けに最適化された汎用GPUについて言及した。

[ITmedia]

 インテルは11月27日、東京都内でAIに関する記者説明会を実施し、同社のXe GPUアーキテクチャに基づいたHPC/AIアクセラレーション向けに最適化された汎用(はんよう)GPUについて言及した。

Ponte Vecchio Xeアーキテクチャは、クライアントPCからHPCまで採用される

 これは、11月17日に開催された展示会「Supercomputing 2019」での発表を受けたもの。同社初のエクサスケールGPUとなる開発コード名「Ponte Vecchio」で、製造プロセスは7nm、パッケージング技術のEMIB(Embedded Multi-die Interconnect Bridge)とFoveros 3Dを用い、広帯域メモリやCXL(Compute Express Link)規格ベースのインターコネクト(Xe Link)などが1パッケージに統合されている。

Ponte Vecchio Ponte Vecchioの概要
Ponte Vecchio Ponte Vecchioの特徴

 なお、同社は2020年に内蔵GPUにXeを採用した10nmの「Tiger Lake」プロセッサを投入見込みで、このPonte Vecchioは2021年に米エネルギー省への納入が予定されているスーパーコンピュータ「Aurora」に採用されるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう