ニュース
» 2019年12月17日 14時12分 公開

Cooler Master、ハニカム構造の超軽量ゲーミングマウス

Cooler Masterは、ハニカム構造に採用で軽量化を実現した有線型ゲーミングマウス「MM710」を発表した。

[ITmedia]

 Cooler Masterはこのほど、ハニカム構造に採用で軽量化を実現したゲーミングマウス「MM710」を発表、12月20日に発売する。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2タイプを用意。価格はオープン、予想実売価格は7480円だ(税別)。

photophoto MM710

 解像度1万6000DPIの光学式センサーを採用したUSB接続対応の有線ゲーミングマウス。ハニカム状の筐体を採用したことで重量53gを切る軽量設計を実現した。また内部の回路基板に撥水/防塵(じん)加工を施しており、手汗による故障を防ぐ設計になっている(スイッチ部分は防水に非対応のため丸洗いは不可)。

 ボタンは側面2ボタンを含む計6ボタンを搭載。ケーブル部には耐久性も考慮した軽量ケーブルを採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう