ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クーラーマスター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クーラーマスター」に関する情報が集まったページです。

CES 2022:
HPがゲーミングPCの新モデルを発売 「OMEN」ケースの“単品販売”も
HPが「OMEN」「Victus by HP」ブランドのゲーミングPCとゲーミング周辺機器の新モデルを発表した。目玉となる45LボディーのゲーミングデスクトップPCでは、ケース(と冷却機構のセット)を“単品”で販売するという。(2022/1/5)

ハロー、自作キーボードワールド 第11回:
4万円の自作キーボード1000台が1分で即完売 世界的に注目浴びる日本の開発者
日本発のキーボード設計者であり、今やキーボードの予約ページを立ち上げるたびに世界中から数千台の予約が殺到する、売れっ子デザイナーai03さん。作り出した背景やこだわり、今後のトレンドを聞く。(2021/12/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
久しぶりの新モデル! abeeブランドのPCケースが店頭に並ぶ
高級PCケースブランドとして知られたabeeの新モデルが、久しぶりに秋葉原に登場した。また、Gloriousのキーボードキットのオプションも取り扱いが始まり、自作の幅が広がっている。(2021/12/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
DDR5メモリがじわじわ買いやすくなるアキバ
発売から1カ月以上も枯渇が続くDDR5メモリだが、少しずつ入手性が上昇している。今週末はマザーボードとのセット売りや単体売りの在庫が複数見つかった。(2021/12/11)

古田雄介のアキバPick UP!:
プロ向けグラフィックスカード「NVIDIA RTX A2000」が登場するも取り合い状態で即入手困難化
NVIDIAのプロフェッショナル系グラフィックスカード「NVIDIA RTX A2000」が登場したものの、すぐに売り場から姿を消してしまった。その背景にはマイニング需要もあるとウワサされている。(2021/12/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
DDR5枯渇でも即売れの「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME」がデビュー!
第12世代Core iシリーズ向けマザーボードにおいて、最上位クラスに属するモデルが続々とデビューした。一方で1万円を切る個性派ケースや戦略的な価格のメカニカルキーボードも登場し、売り場を盛り上げている。(2021/11/29)

Cooler Master、アルミ筐体を採用した日本語配列メカニカルゲーミングキーボード
Cooler Masterは、シンプルなアルミ製ボディーを採用するメカニカルゲーミングキーボード「CK352」を発表した。(2021/11/22)

古田雄介のアキバPick UP!:
自作PCショップのCPUシェア争い! 直近ではIntelが優勢
第12世代Core iシリーズが登場し、AMDとIntelのCPUシェア争いに変化が生じた様子だ。多くのショップが「直近はIntelが優勢です」と話していた。(2021/11/22)

これを待っていた! 小型キーボードの決定版「Keychron K2」を試す
Keychronが製造し、日本ではコペックジャパンが販売する「Keychron K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」は、いわゆる「60%キーボード」では省略されがちなファンクションキーや機能キーを省かず備えた「75%キーボード」だ。ともすると長期間に渡りそうな「修行」をすることなく快適に使える小型キーボードを探しているなら、最良の選択肢の1つとなりそうだ。(2021/11/19)

古田雄介のアキバPick UP!:
第12世代Core iシリーズの登場でRyzenとの覇権争いはどうなる!?
供給量は少なめながらも、まずまずの反響で迎えられた第12世代Core iシリーズ。ここ最近のCPU市場は、AMDのRyzenが優勢をキープしているが、年末に向けてはどう動く?(2021/11/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
Razerのコイルケーブルや交換用キーキャップがゲーマーの心をつかむ
先週はRazerから入力デバイスの新製品が多数投入されたが、コイルケーブル付きのキーキャップセットや、下半分が半透明になったプリン型キーキャップなどのオプションも話題になっているという。(2021/10/5)

古田雄介の週末アキバ速報:
連休特価で1TB SSDが9000円切り!
大容量SSDが再び週末特価で目立つようになっている。Samsungの「870QVO」シリーズや、ウェスタンデジタル「WD BLUE 3D NAND」などの2.5インチ1TBモデルで9000円以下の値付けが見られた。(2021/9/18)

古田雄介のアキバPick UP!:
オールホワイトで高性能な冷却ファンが注目される理由
Thermalrightから登場した12cmファン「TL-B12」シリーズが注目を集めている。とりわけ、フレームまでホワイトカラーの「TL-B12-W」が大人気だ。その他、Fractal Designからエアフロー重視の新型ケースも売り出されている。(2021/8/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
「拡張性以外は何も我慢しなくていい」――Mini-ITXケース人気が上昇中
水冷キットや長くて巨大なグラフィックスカードを組み込めるMini-ITXケースが注目を集めているという。ハイスペックマシンを机の脇に置くスタイルが浸透中だ。(2021/8/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
「スティックPC的な需要にマッチするのかも」――MINISFORUMの超小型PCが話題に
MINISFORUMから超小型PCが売り出され、コンパクトPCのトレンドに動きを与えている。また、グラフィックスカードはLHR版GeForce RTX 3000シリーズの新製品ラッシュが続く。(2021/7/26)

“Fnキー修行”の必要なし! カーソルキーのある60%キーボード「Cooler Master SK622」を試す
最近ゲーミングキーボードで流行している「60%レイアウト」はコンパクトなことがメリットだが、方向キーがFnキーとのコンビネーションとなることが多く、どうしても慣れないという人もいるだろう。そんな中、Cooler Masterが発売した60%キーボード「SK622」は、独立した方向キーを備えている。早速試してみよう。(2021/7/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
最終回の気配で盛り上がるオーバークロック――ASRockのOCマザーに大きな反響
ASRockのオーバークロック(OC)向けマザー「Z590 OC Formula」が登場した。もともとOC向けとして定評のあるシリーズだけにすぐに売り切れとなるショップが相次いだが、理由はそれだけはないらしい。(2021/6/28)

古田雄介のアキバPick UP!:
机上を自分色に染める入力デバイスに人気が集まる理由
個性的なカラーバリエーションをそろえたり、自分で組み合わせをカスタムしたりできる入力デバイスが注目を集めている。一方で、グリスもMX-4の2gタイプが注目されているという。(2021/6/21)

古田雄介のアキバPick UP!:
「光よりも風」――Noctuaと良い勝負しそうと評判のROGファン
光るファンが売り場を彩る中で、高静圧ファンの人気も高まっている。先週登場した「ROG STRIX XF 120」は、王者Noctuaに対抗しうる実力がありそうだと評判だ。(2021/5/31)

厚み200μmのベイパーチャンバー:
村田製作所とCooler Master、薄型放熱部品を開発
村田製作所と台湾Cooler Masterは、厚みが200μmと極めて薄い、電子機器向け放熱部品「ベイパーチャンバー」を共同開発した。5G対応スマートフォンに実装されたICなどから発生する熱を効率よく分散し、放熱することができる。(2021/5/27)

組み込み開発ニュース:
世界最薄の「200μmベイパーチャンバー」を開発、村田製作所とクーラーマスター
村田製作所と台湾のクーラーマスター(Cooler Master)は「世界最薄」(クーラーマスター調べ)の電子機器向け放熱部品「200μmベイパーチャンバー」を共同開発したと発表した。両社の共同開発による第1弾製品であり、今後も次世代デバイスの熱問題の解決に向けた製品作りのため協業関係を強化する方針だ。(2021/5/26)

PCがクラッシュ! 専門家お勧めの新型PCとNASで快適な環境を手に入れる【後編】
PCは突然に壊れる。それは予想もしなかったときに、切羽詰まった土壇場で発生する。そのとき、あなたはどうする? パソコン工房秋葉原BUY MORE店の協力により、仕事の環境が生まれ変わったいきさつをお話ししよう。(2021/5/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
夏を前にペルチェ冷却付き水冷キットなどの“すごいパーツ”が続々登場!
EK Water Blocksの水枕を組み込んだGeForce RTX 3090/3070や室温以下まで冷却できる水冷キットなど、先週は水冷系の目立つパーツが多かった。また、「黒歴史最終処分場。」がSSDの破壊にも対応した。(2021/4/19)

Cooler Master、コンパクトな“60%レイアウト”を採用したワイヤレス対応ゲーミングキーボード
Cooler Masterは、有線/無線接続に両対応した小型設計のメカニカルゲーミングキーボード「SK622」シリーズを発表した。(2021/3/16)

古田雄介のアキバPick UP!:
複数のショップでCPUシェアがIntelに逆転! 「Ryzen 5000シリーズがないから……」
Intelの次世代チップセットを搭載したマザーが次々に売り場を埋める中で、CPUの売れ行きに逆転劇が起きているとの話を複数のショップで聞いた。そして、デスクトップ版の第11世代Core iの登場時期の目処も見えてきた。(2021/3/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
あとはCPUだけ――第11世代Core向けマザーボードがより多彩に
ASRockからIntel H570チップセット搭載マザーボードに複数のモデルが登場し、第11世代Core iシリーズに対応するMini-ITXマザーも選べるようになっている。ショップの期待値も上がっているが、CPUの登場時期は果たして……?(2021/3/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
2〜4TBのM.2 PCIe 4.0 SSDが相次ぎ登場、徐々に浸透中
グラフィックスカードの流通状況が厳しさを増す中でも、新製品は続々と登場している。先週は大容量クラスのM.2 NVMe PCIe 4.0 SSDが複数店頭に並び、それぞれヒットを期待されていた。(2021/2/1)

古田雄介のアキバPick UP!:
2.5インチSSD、ロープロファイルカードなどトレンド外となったパーツたち
かつては主流を担ったり、ニッチながらも一定の需要があったりしたパーツも、日進月歩の自作市場ではいつの間にかトレンドの外に置かれることもある。最近は2.5インチSSDとロープロファイル対応のグラフィックスカードが、そうらしい。(2021/1/25)

古田雄介のアキバPick UP!:
人気だった「Gentle Typhoon」が約10年振りに復活!――高まる光らないファンの需要
先週の新製品で最も話題になっていたのは、ADATAの「XPG VENTO PRO 120 PWM」だった。かつて汎用(はんよう)ファンの名品として人気を集めたNidec(日本電産サーボ)の「Gentle Typhoon」をベースにした12cmファンだ。(2021/1/18)

2020年のアキバまとめ後編:
多方面でAMDが存在感を示した1年――アキバの1年を振り返る【後編】
PCパーツ市場の動向を中心に振り返ると、トレンドを作ったいくつものジャンルでAMDが顔を出すことに気づく。コロナ禍の中で自作PCの新たな需要もわき起こった特殊な1年を、キーになったパーツごとにたどってみよう。(2020/12/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
RTX 3070搭載カードまで刺せるNUCベースの小型BTO対応PCが登場
年の瀬にさしかかり、ゲームやマルチメディアが楽しめる小型BTO対応PCが複数登場している。Intel NUCにRTX 3070カードを加えたり、7万円台でRyzen 5搭載モデルを即買いしたりすることも可能だ。(2020/12/27)

チキンを温めるゲーミングPC、KFCが正式発表 「ネタじゃなかったの?」ネットざわつく
KFCのゲーム部門KFC Gamingが、プレイ中にフライドチキンを温めるゲーミングPC「KFConsole」を正式に発表した。(2020/12/23)

KFCの新型ゲーム機が真剣に正式発表 4K240fpsでレイトレ対応、チキンを保温するパワーでハード戦争に終止符か
中身は台湾のPCパーツメーカーが手がける小型ゲーミングPCといった構成。(2020/12/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
11度の傾斜でマザーボードを搭載するMini-ITXケース「ROG Z11」が登場!
Mini-ITXケースでハイエンドパーツを組み込むニーズが増している中で、ROGブランドからモンスター仕様のケースが登場した。また、「初音ミクNT」の発売も始まっている。(2020/11/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 5000デビュー! 整理券配布時点で売り切れ連発
AMDからの告知通り、新CPU「Ryzen 5000」シリーズが売り出された。最近の新型パーツと同様に、やはり上位モデルは枯渇気味だ。(2020/11/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
連続リード最大毎秒6500MBのPCIe SSD「WD Black AN1500 NVMe」が話題に
カード内でRAID 0を組んで高速化したPCIe型SSDが、Western Digitalから登場して注目を集めている。その他、ホワイトボディーの人気PCケースも複数売り出されている。(2020/10/19)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3090/3080が店頭にちらほら並ぶ
複数メーカーから新しいGeForce RTX 3090搭載グラフィックスカードが登場し、発売済みの各社RTX 3090/3080カードの再入荷ペースも僅かながら上昇気味に。まだまだ品薄の域を出ないが、買いやすくはなってきている。(2020/10/10)

古田雄介のアキバPick UP!:
連続読み出し毎秒7000MBのPCIe 4.0 M.2 SSD「980 PRO」がデビュー
PCIe 4.0に対応するサムスンのM.2 NVMe SSD「980 PRO」が売り出され、そのスピードに注目が集まっている。また、Antecの高級キロワット電源やRazerのワイヤレスキーボードも登場した。(2020/10/5)

ついに8コア16スレッド対応!:
最新APUに対応した「DeskMini X300」はA300から何が変わったのか
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が10月9日に販売される。生まれ変わった新モデルはどうなのか、従来のDeskMini A300と比較した。(2020/10/5)

古田雄介のアキバPick UP!:
ハイエンドグラフィックスカードの売れ筋に次世代GeForceの影
MSIのRadeon RX 5700 XTカードなど、先週もハイエンドグラフィックスカードが店頭に登場している。このクラスで「様子見の空気が漂い始めてきた」と語るショップが一部で見られるようになってきた。(2020/8/31)

古田雄介のアキバPick UP!:
完成品が欲しくなる! ROG StrixとPhantom GamingのPCケースがお盆に登場
お盆シーズンのアキバでは、有力なゲーミングPCパーツブランドに属するケースが店頭に複数並んだ。また、1000円で買える光るファンなどPCを飾る新たな選択肢が続々と入荷している。(2020/8/17)

サイコム、Ryzenを標準搭載した静音PC「Silent-Master NEO」をリニューアル
サイコムは、同社製の静音デスクトップPC「Silent-Master NEO」の新モデルを発表した。(2020/7/8)

古田雄介の週末アキバ速報:
新型コロナとは別の理由でアキバの往来が落ち着く
7月最初の週末を迎えるアキバ。どこのPCパーツショップも来客が落ち着いたと話していたが、新型コロナが原因との見方はどこもしていなかった。(2020/7/4)

Cooler Master、独自のハイブリッド式キースイッチを採用したゲーミングキーボード
Cooler Masterは、独自のハイブリッド方式スイッチを採用するUSBゲーミングキーボード「MK110」を発売する。(2020/6/22)

Cooler Master、ハニカム構造を採用した軽量USBゲーミングマウス
Cooler Masterは、素早いマウス動作が可能な軽量設計のUSBゲーミングマウス「MM711」を発売する。(2020/5/22)

アーク、ミドルタワーPC「CROYDON」にCooler Master製筐体採用の新構成モデルを追加
パソコンショップアークは、ミドルタワーPC「CROYDON」一部モデルのリニューアルを発表した。(2020/3/27)

2019年アキバまとめ後編:
まさかの鑑賞法が定着した2019――アキバの1年を振り返る【後編】
Windows 7の延長サポート終了がカウントダウンされる中、パーツそのものを鑑賞するアイテムのヒットや○○ペイの台頭など、さまざまな変化が起きた1年だった。2019年を振り返り、2020年のアキバを占いたい。(2019/12/31)

古田雄介のアキバPick UP!:
白い20万円超のグラフィックスカードがデビュー 白い肉抜きマウスも
先週はホワイトカラーを採用したハイエンドパーツが複数登場して話題を集めていた。他にも、クーラーマスターの肉抜きマウスやASRockの超小型ベアボーンなども注目を集めている。(2019/12/23)

Cooler Master、ハニカム構造の超軽量ゲーミングマウス
Cooler Masterは、ハニカム構造に採用で軽量化を実現した有線型ゲーミングマウス「MM710」を発表した。(2019/12/17)

古田雄介の週末アキバ速報:
冬ボセール、始まるよ――Ryzen 7 3800X&X570 STEEL LEGENDで約6万円!
今週末あたりから、冬のボーナス商戦の雰囲気が漂い始めてきた。ミドル〜ハイエンド構成で一式組むユーザーが増える年末に向けて、TSUKUMO eX.が複数のセット割を用意している。(2019/12/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。