プロナビ
ニュース
» 2020年01月04日 02時00分 公開

LenovoがB2B向けスマートディスプレイ「ThinkSmart View」を発表 PCレスでMicrosoft Teamsが使えるCES 2020

Lenovoのオンライン会議システム「ThinkSmart」に、スマートディスプレイタイプの製品が登場。机の上に置くだけで、PCレスで「Microsoft Teams」を使えるという。

[井上翔,ITmedia]

 Lenovoは1月3日(米国太平洋時間)、B2B向けスマートディスプレイ「ThinkSmart View」を発表した。販売価格は単体版が349ドル(約3万8000円)、ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドセット「ThinkPad X1 ANC Bluetooth Headset」とのセットが499ドル(約5万4000円)だ。

※記事で紹介している商品の日本発売は未定

ThinkSmart View ThinkSmart View(正面)
ThinkSmart View ThinkSmart View(背面)

 ThinkSmart Viewは、オフィスの個人ブースや家庭のデスクなどで利用することを想定した製品で、PC抜きで「Microsoft Teams」のビデオ会議に参加できることが大きな特徴だ。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 624」で、メインメモリは4GB、ストレージは8GBを備える。OSはAndroid 8.1ベースだ。通信はWi-Fi(無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n)とBluetooth 4.2に対応している。

 ディスプレイはタッチ操作対応のHD解像度(1280×800ピクセル)の8型IPS液晶を搭載。会議では本体内蔵のツィーター付きの1.75インチスピーカーと2基の360度マイク(ミュートボタン付き)の他、Bluetoothヘッドセットを利用することもできる。

 Webカメラは500万画素センサーのものを備え、物理的なシャッターでプライバシーにも配慮している。

 ボディーサイズは約142.21(幅)×263.21(奥行き)×111.36〜125(高さ)mmで、重量は約1kgとなる。

Team利用Team利用 PCを介さずMicrosoft Teamのビデオチャットができる
シャッター プライバシーに配慮してカメラシャッターも用意

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう