ニュース
» 2020年01月09日 11時57分 公開

CFD、Ryzen 5を標準搭載したミドルレンジ向けゲーミングPCを発売

シー・エフ・デー販売は、CPUとしてRyzen 5 3600を装備したミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。

[ITmedia]

 シー・エフ・デー販売は1月9日、CPUとしてRyzen 5 3600を装備したミドルタワー型ゲーミングPC「AORUS GPC-01V」を発表、1月中旬に発売する。価格はオープンだ。

photo AORUS GPC-01V

 CPUにRyzen 5 3600を、グラフィックスカードにGeForce GTX 1660 Super OCモデルを採用したミドルレンジ仕様のゲーミングPCだ。

 メモリはDDR4 16GB、ストレージは512GB NVMe SSD+2TB HDDを内蔵。OSはWindows 10 Home 64bit版を導入した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう