光らずともROG――ASUSTeK製ライザーカードが出回る古田雄介のアキバPick UP!(4/4 ページ)

» 2020年02月03日 13時13分 公開
[古田雄介ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

HDDからM.2 NVMe SSDに引っ越せるキットが店頭に並ぶ

 アクセサリー類では、センチュリーから「裸族のM.2 NVMe SSD 引越キット」が売り出されている。M.2 NVMe SSDをUSB 3.1(Gen2)接続の外付けで使えるケースと、ドライブの丸ごとコピーが可能なソフト「Clone Drive2」をセットにしており、Windows 8.1/10のブートドライブもそのまま引っ越しできる。価格は7500円前後だ。

 テクノハウス東映は「SATA接続のHDDやSSDからの丸ごとコピーも対応しているのが頼もしいですね。Windows 7の乗り換え需要はまだありますが、そこはサポート外なので注意しておきたいところかな」と話していた。

センチュリー「裸族のM.2 NVMe SSD 引越キット」

 ストレージ関連では、Groovyからも変換アダプター「UD-3101」と「UD-3102」が登場している。ともにSATA接続の2.5インチドライブをUSB 3.1に変換する。UD-3101はGen1(Type-A)変換対応で1400円前後、UD-3102はGen2(Type-C)変換対応で1800円前後となる。WindowsとmacOSの他、UD-3101はプレイステーション4/同Pro、UD-3102はiPad Proとの接続が可能だ。

 TSUKUMO eX.は「USB 3.1対応のアダプターとしては、いずれも最安級なので需要がありそうですね」と評価していた。

Groovy「UD-3101」(青)と「UD-3102」(山吹色)
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー