プロナビ
ニュース
» 2020年04月09日 19時00分 公開

テレワークでPCが必要? 各メーカーのお勧めPC紹介ページまとめ

働き方改革と「新型コロナウイルス」の影響で、テレワークで使うPCへの需要がにわかに高まっているという。そこで、主要なメーカーの「テレワークお勧めPC」を紹介しているWebサイトをまとめてみた。

[井上翔,ITmedia]

 働き方改革の推進に加え、新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐ目的で、「テレワーク(遠隔勤務)」を拡大する動きが進んでいる。それに伴い、自宅で業務を行うためにPCの導入を急きょ検討する動きが相次いでいる。

 しかし、どのようなPCを用意するべきか分からない、あるいは迷っている人もいるだろう。そこで参考にしてほしいのが、PCメーカー各社の“お勧めPC”だ。この記事では、各社が「テレワークにお勧めなPC」をまとめたサイトを紹介する。参考になれば幸いだ。特記のない限り、記事中の価格は割り引き適用後の税別直販価格となる。

NECパーソナルコンピュータ

 NECパーソナルコンピュータ(NECPC)では、コンパクトなデスクトップPC「LAVIE Direct DT」(14万3800円から)、丈夫なボディーと高い拡張性を備えた13.3型モバイルPC「LAVIE Direct PM(X)」(11万8800円から)などがお勧めPCとして挙げられている。両モデルは直販限定で、CPUなどのスペックを必要に応じてカスタマイズできる。

NECPCのサイト NECPCの特設サイト
LAVIE Direct DT 「LAVIE Direct DT」は、直販限定のデスクトップモデル。処理能力の高さを極めたいなら、デスクトップモデルをカスタマイズするという選択肢もある

デル

 デルでは、13.3型モバイルPC「XPS 13」(12万2980円から)、その2in1モデルである「XPS 13 2-in-1」(13万9980円から)や、手頃な価格の14型/15.6型ノートPC「Vostro 14 3000」シリーズ(5万7980円から)など、幅広いラインアップをテレワークにお勧めなPCとして挙げている。同社以外のPCとも組み合わせられるテレワーク向けの周辺機器も合わせて紹介している。

デルのサイト デルの特設サイト
Latitude 3301 コストパフォーマンスに優れた「Latitude 3301」。写真の13型モデルなら、持ち運びにも便利だ

日本HP

 日本HPでは、ハイエンド13.3型2in1 PC「Spectre x360 13」のWWAN(LTE)モデル(15万2800円から)、13.3型軽量モバイル2in1 PC「Elite Dragonfly」(11万6800円から)、光学ドライブを搭載しつつも手頃な15.6型ノートPC「ProBook 650 G5」(5万9800円から)などを、テレワークにお勧めなPCとして挙げている。

日本HPのサイト 日本HPの特設サイト
ProBook 650 G5 HP ProBook 650 G5は、フルHD(1920×1080ピクセル)液晶を搭載しており、画面の広さは十分。光学ドライブも搭載できる(非搭載も選択可能)

富士通クライアントコンピューティング

 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)では、13.3型モバイルPC「LIFEBOOK UH」シリーズをテレワークに最適なモデルとして紹介している。クラムシェルタイプの直販モデル「LIFEBOOK WU2」は税込み10万9956円から、それをベースとする2in1タイプの直販モデル「LIFEBOOK WU3」は税込み14万4674円から販売されている。

FCCLのサイト FCCLの特設サイト
UH-X LIFEBOOK UHシリーズは、13.3型クラムシェル型ノートPCとしては世界最軽量となる構成も選択できる

マウスコンピューター

 マウスコンピューターでは、「mouse」ブランドとビジネス向けの「MousePro」ブランドをテレワーク向けのモデルとして紹介している。特に、小型デスクトップPC「MousePro M」(4万2800円から)は、「かばんに入れて持ち帰れる」というユニークなアピールをしている。その他、14型ながら約1.13kgと軽量なノートPC「mouse X4」(8万7800円から)など、各種ノートPCもお勧めだという。

マウスのサイト マウスコンピューターの特設サイト
MousePro M MousePro Mシリーズは、可搬性に優れたデスクトップPCで、かばんに入れて持ち運べる

レノボ・ジャパン

 レノボ・ジャパンは、自社もテレワークに積極的に取り組んでいることで知られている(参考記事)。そのこともあり、同社のテレワーク特集サイトでは、企業側においてテレワークの導入に必要な心得や導入支援の制度の紹介も行っている。

 お勧めPCとしては、14型の薄型モバイルPC「ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)」(税込み18万9288円から)や、比較的手頃な13型モバイルPC「ThinkPad X390」(税込み9万4512円から)などが挙げられている。モバイルディスプレイなど、便利な周辺機器も紹介されている。

レノボの特設サイト レノボの特設サイト
ThinkPad X1 Carbon 同社がテレワーク向けPCとして一番推しているのは「ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)」

 今回取り上げたPC群は直販モデルが中心で、一定期間の納期が必要となる。ただし、各社とも注文を受けてから即日〜3日で出荷する「即納(短納期)モデル」も用意している。納期を優先するなら、即納モデルや家電量販店で販売される「量販店モデル」も検討してみよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう