未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2020年06月17日 18時30分 公開

兵庫県教育委員会が1.6万台の「Surface Go 2」を導入 県立高校向けに9月

兵庫県教育委員会が、同県の県立高校向けに1万6000台の「Surface Go 2」を9月から導入する。県立高校の全生徒向けにOffice 365のアカウントも付与するという。

[井上翔,ITmedia]

 日本マイクロソフトは6月17日、兵庫県教育委員会がタブレットタイプの2in1 PC「Surface Go 2」を1万6000台導入することを明らかにした。同県の県立高校で用いる学習用端末として、9月から配備される予定だ。

Surface Go 2 Surface Go 2

 兵庫県は「第3期ひょうご教育創造プラン(兵庫県教育基本計画)」に基づいてICT 教育環境の整備に取り組んでいる。今回の県立高校へのSurface Go 2の配備もその一環で、各校には「1学年1学級相当分」が配備される。これに合わせて、同県の県立高校では全生徒にOffice 365のライセンスも付与されるという。

 なお、Surface Go 2の学校への大規模導入は、東京都渋谷区立小中学校の事例に次ぐものとなる。

概要 兵庫県の県立学校のICT導入計画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう