ニュース
» 2020年06月19日 12時56分 公開

インバースネット、銀軸キー採用の日本語配列ゲーミングキーボード

インバースネットは、“銀軸”キースイッチを搭載した日本語配列仕様のゲーミングキーボード「Frontier KB-E3S」を発売した。

[ITmedia]

 インバースネットはこのほど、“銀軸”キースイッチを搭載した日本語配列仕様のゲーミングキーボード「Frontier KB-E3S」の販売を開始した。同社直販「FRONTIERダイレクトストア」販売価格は5280円だ(税別)。

photo
photo Frontier KB-E3S

 USB接続に対応した有線タイプのゲーミングキーボードで、GAMDIAS製の“銀軸(Speed Silver)”メカニカルキースイッチを採用。キー押し込み時に浅い位置で反応する仕様で、シビアなゲームプレイに適した設計となっている。

 キーレイアウトはテンキーレスの日本語91キー配列を採用。フルカラー発光対応のバックライト機能も備えた。本体サイズは370(幅)×140(奥行き)×30(高さ)mm、重量は680gだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう