ハイエンドグラフィックスカードの売れ筋に次世代GeForceの影古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

» 2020年08月31日 19時00分 公開
[古田雄介ITmedia]

グラフィックスカードを挿せるゲーミングNUCが登場!

 ハイエンド系では、Intelから小型ベアボーンブランド「NUC」(Next Unit of Computing)のゲーミングタイプに新世代シリーズが登場している。「Ghost Canyon」の開発コード名が付けられた「Intel NUC 9 Extreme」シリーズで、このうち4コア8スレッドのCore i5-9300Hを搭載した「NUC9i5QNX」が11万円前後で店頭に並んだ。

Intel NUC 9 Extreme オリオスペックのレジ前に置かれた「Intel NUC 9 Extreme」のパッケージ
NUC9i5QNX Core i5-9300H搭載モデルの「NUC9i5QNX」

 Intel NUC 9 Extremeは、モジュール式の「Compute Element」を内蔵可能で、203.2mm長までのPCIe x16カードが2枚挿せる(うち1基はx4接続)拡張性を備えている。8ピン(6+2ピン)と6ピンの補助電源コネクタも用意し、定格500Wまで対応する電源ユニットを内蔵しているのも特徴だ。ボディーサイズは約216(幅)×238(奥行き)×96(高さ)mmとなる。

 入荷したオリオスペックは「同じシリーズにCore i9やi7搭載のモデルも控えていますが、価格的に上位の『Intel NUC 9 Pro』シリーズに近くなるので、とりあえずはコスパ的に引きがありそうなNUC9i5QNXだけ取り扱おうかなと。反響はこれからみていく感じですね」と話していた。

 その他、Intel系ではASUSTeKからCEBフォームファクターのIntel X299搭載マザーボード「Pro WS X299 SAGE II」も9万円前後で登場している。PCIe x16(Gen3)スロットを7本備えるのが特徴だ。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「内部に制御スイッチが入っていて、シングルCPUでもx16レーンが4本同時に出せるんですよね。グラフィックスカードとキャプチャカードをそれぞれ2枚挿しするとか。普通だったらデュアルXeonを使わないとできない構成が実現できます」と解説する。

Pro WS X299 SAGE II パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の「Pro WS X299 SAGE II」POP
Pro WS X299 SAGE II ASUSTeK「Pro WS X299 SAGE II」

 続いて、1万円ちょっとで買えるCPUの新モデルをチェックしよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー