ニュース
» 2020年08月24日 15時00分 公開

第3世代Ryzen向けの廉価系「A520マザー」が続々登場!古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

先週末のマザーボード売り場では、1万円前後の値がついたA520マザーが目立っていた。第3世代Ryzenマシンがより安価に組めるとあって、新たなニーズが呼び起こされそうだ。

[古田雄介,ITmedia]

 A520はAMDの第3世代Ryzen向けの廉価チップセットで、A320の後継にあたる。先週末からASUSTeKとASRock、BIOSTARから搭載マザーボードが合計7モデル売り出されており、価格は8000円弱から1万4000円強までとなっている(税込み、以下同)。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のA520搭載マザーボード価格

8000円切りmicroATXや1.4万円のMini-ITXも――A520マザー

 基板のサイズでみると、microATXが6モデルと多勢だ。最も低価格なのはBIOSTARの「A520MH」で7700円前後となる。DDR4メモリスロットは2基で、PCIe x16とx1スロットは各1基、映像出力端子にはHDMI 1.4bとD-Sub 15ピンのアナログRGB端子をそろえる。

 Mini-ITXモデルも、ASRockから「A520M-ITX/ac」が1万4000円強で登場している。DDR4メモリスロットは2基だが、PCIe x4(Gen3)接続対応のM.2スロットやHDMI 2.1、DisplayPort 1.4出力などを備えた多機能な仕様だ。

A520M-ITX/ac ASRock「A520M-ITX/ac」のパッケージ
A520M-ITX/ac 「A520M-ITX/ac」の基板

 A520搭載マザーボードは、トータルコストを抑えて流行の第3世代Ryzenマシンが組めると、各ショップで注目されている様子だ。TSUKUMO eX.は「エントリー向けの製品なので発売前から注目している人は少ないですが、シンプルに組みたい人には刺さるラインアップだと思いますね。物理的にもコンパクトにしたい人には、Mini-ITXサイズが最初から選べますし、順調に支持を集めそうです」と好意的に話していた。

 特別定額給付金を元手とした「10万円コース」のニーズも喚起されそうとの期待も大きい。パソコンSHOPアークは「B550マザーでは厳しいですけど、A520なら十分選択肢に入りますからね。これから自作しようと思っている人、自宅のPCを新調しようと思っている人にはちょうどいいかもしれませんよ」とプッシュしていた。

TUF GAMING A520M-PLUS ASUSTeKのmicroATXマザー「TUF GAMING A520M-PLUS」のパッケージ
TUF GAMING A520M-PLUS 「TUF GAMING A520M-PLUS」の基板

 次に、A520マザーとマッチするCPUの売れ筋を見ていく。

※記事初出時、A520M-ITX/acのスペックに一部誤りがありました。おわびして訂正します(2020年8月25日1040分)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.