ニュース
» 2020年08月24日 15時00分 公開

第3世代Ryzen向けの廉価系「A520マザー」が続々登場!古田雄介のアキバPick UP!(3/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

6.2万円の高コスパな「Core i9-10850K」が登場!

 一方のIntelは、ハイエンドクラスの「Core i9」に新たなモデルを追加している。10コア20スレッドの「Core i9-10850K」で、価格は6万2000円前後だ。

Core i9-10850K Intel「Core i9-10850K」のボックス

 Core i9-10850Kは上位の「10900K」(7万2000円前後)から、標準クロックとブーストクロックがそれぞれ100MHz低い3.6GHz〜最大5.2GHzとなっており、125WのTDPや内蔵GPUもIntel UHD Graphics 630で変わらない。クロック倍率が固定されていない仕様や、CPUクーラーが別売となる点も同じだ。

パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークのIntel CPU価格表

 パソコンSHOPアークは「10900Kと少ししか性能が変わらないのに1万円安くなるので、かなりコスパに優れたCPUといえますね。ハイスペック構成のPCで予算を調整したい人に、強い味方になってくれるんじゃないかなと思います」と話していた。

 なお、アキバのPCパーツショップ店頭での現在のIntel:AMDのCPU売れ行き比率は、おおよそ3〜4:6〜7といった割合だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.