ニュース
» 2020年08月24日 15時00分 公開

第3世代Ryzen向けの廉価系「A520マザー」が続々登場!古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

Ryzen PRO 4000に3300X――A520と一緒に売れそうなCPU

 A520マザーの登場で、さらなる盛り上がりが期待されているのが「Ryzen PRO 4000」シリーズだ。上位の「Ryzen 7 PRO 4750G」と「Ryzen 5 PRO 4650G」を中心に各ショップで好調だが、人気に拍車がかかるとのコメントも多い。

パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークのRyzen価格表
Ryzen PRO 4000 バルク品で出回っている「Ryzen PRO 4000」シリーズ

 あるショップは「10万円コースで考えたら、CPUとGPU機能込みで3万円という6コア12スレッドの4650Gは魅力的ですね。さらに4コア8スレッドの4350Gなら8000円安くなるので、他のパーツに予算を回せる魅力もあります」と評価。別のショップは「DDR4メモリを強化すれば、8コア16スレッドの4750Gでゲーミング構成を考えるのもアリです。10万円は超えるでしょうけど、狙う人も出てきそうです」という。

 グラフィックスカードを外付け化する構成で有力株に挙げられているのは、4コア8スレッドのRyzen 3 3300Xだ。パソコンSHOPアークは「CPU単体で1.5万円なので、GeForce GTX 1650カードと組み合わせても3万円ちょっとで済みます。10万円以内に抑えつつ、4650GでGPUまでまかなうよりもハイスペックなゲーミングPCが組めるんじゃないかと思います」と推す。

 ただし、3300Xは潤沢とはいえない状況のため、在庫を確認した上で早めに調達するのがベターとの声も聞いた。

Ryzen 3 3300X AMD「Ryzen 3 3300X」のボックス

 続いて、Intel CPUの動向をチェックしよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.