ニュース
» 2020年09月16日 16時04分 公開

手持ちのカメラを手軽に“Webカメラ化”できるHDMIーUSB変換アダプター

サンコーは、一眼レフカメラやビデオカメラなどを接続してWebカメラとして利用可能にする変換アダプター「SHDSLRVC」の販売を開始した。

[ITmedia]

 サンコーは9月16日、一眼レフカメラやビデオカメラなどを接続してWebカメラとして利用可能にする変換アダプター(型番:SHDSLRVC)の販売を開始した。価格は2980円。

photo SHDSLRVC

 HDMI映像をPCに取り込めるシンプル設計のUSB 2.0外付けアダプターで、1080p/60fpsでの取り込みに対応。HDMI端子側に一眼レフカメラやビデオカメラを接続することで、Webカメラとして用いることが可能になる。利用には別途ドライバなどの導入は必要なく、自動的に“USB Video”として認識する仕様となっている。

photophoto 利用時のイメージ

 本体サイズは35(幅)×65(奥行き)×10(高さmm、重量は約150g。動作確認済みOSはWindows 10(バージョン1909)、macOS 10.15.6だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10