ニュース
» 2020年10月27日 14時13分 公開

リンクス、モバイル向け第10世代Coreを搭載した超小型デスクトップ

リンクスインターナショナルは、容量約0.5l(リットル)の小型筐体を採用したECS製デスクトップPC「LIVA Z3 Plus」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは10月27日、容量約0.5l(リットル)の小型筐体を採用したECS製デスクトップPC「LIVA Z3 Plus」の取り扱いを発表、11月7日に発売する。

photo
photo LIVA Z3 Plus

 本体サイズ117(幅)×128(奥行き)×35(高さ)mm、重量約395gのコンパクト筐体を採用したデスクトップPCで、モバイル向け第10世代CoreプロセッサのCore i3-10110U〜同 i7-10510Uを搭載した。

 4K出力対応のHDMI 2.0/mini DisplayPort出力やWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)無線LAN、ギガビット有線LAN×2なども装備。OSはWindows 10 Proを導入した。また本体前面側に計4基のデジタルマイクを内蔵しており、Web会議用PCや音声認識システムとしての利用にも適した設計となっている。

 製品ラインアップは、Core i3-10110U/メモリ4GBを搭載した「LIVAZ3P-4/128-W10Pro」、Core i5-10210U/メモリ8GBを搭載した「LIVAZ3P-8/256-W10Pro」、Core i7-10510U/メモリ8GBを搭載した「LIVAZ3P-8/512-W10Pro」、Core i7-10510U/メモリ16GBを搭載した「LIVAZ3P-8/512-W10Pro」の4構成を取りそろえている。予想実売価格はそれぞれ7万9800円、9万7800円、11万9800円、12万5800円だ。

※記事掲載後にリリースの訂正があったため、スペックの一部(CPU)を修正しました(2020年10月28日12時)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう