ニュース
» 2020年10月28日 13時01分 公開

パナソニック、「Let’s note」直販モデルに高速SSD搭載の上位バリエーション構成を追加

パナソニックは、同社製モバイルノートPC「SV9」シリーズの販売ラインアップに高速SSD搭載モデルを追加した。

[ITmedia]

 パナソニックは10月28日、同社Web直販「Panasonic Store」で販売するモバイルノートPC「カスタマイズレッツノート」の「SV9」シリーズにおけるラインアップに高速SSD搭載モデル(品番:CF-SV9WSYQP)を追加、11月20日に販売を開始する(本日予約受付を開始)。価格は35万9700円から。なお本モデルはWeb直販のみの提供となっている。

photo
photo SV9シリーズ

 12.1型WUXGA液晶ディスプレイを搭載するモバイルノートPC「SV9」のバリエーションモデルで、Core i7-10810U(6コア、1.1GHz/最大4.9GHz)とメモリ16GB、Blu-ray Discドライブを内蔵している。

 ストレージとして高速転送対応SSDの「インテル Optane メモリー H10」1TBを標準装備したのが特徴で、同社計測では現行モデル(1TB SSD搭載の「CF-SV9WSJQP」)比でランダムアクセス性能が約71%向上したとうたっている。

photo

 OSはWindows 10 Proを導入。本体サイズは283.5(幅)×203.8(奥行き)×24.5(高さ)mm、重量は“バッテリーパック(S)”装着時で約1.064kg、“バッテリーパック(L)”装着時で約1.164kgだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう