ニュース
» 2020年12月22日 11時28分 公開

アドビ、M1 Macにネイティブ対応した「Premiere Pro」「Premiere Rush」「Audition」β版を提供開始

アドビは、動画編集ソフト「Premiere Pro」など3製品のApple M1プラットフォーム対応β版の提供を開始した。

[ITmedia]

アドビは12月22日、ビデオ編集ソフト「Premiere Pro」「Premiere Rush」およびオーディオ編集ソフト「Audition」のApple M1プラットフォーム対応β版の提供を開始した。β版の利用はCreative Cloudデスクトップアプリケーションからインストールを行うことが可能だ。

photo
photo Premiere Proでの書き出し時間比較(上)、シーン編集の検出機能の比較(下)

 なおネイティブ対応については段階的に提供を実施し、“完全なネイティブ対応”となる製品版については2021年前半に提供が行われるとしている(「After Effects」「Character Animator」の正式対応は2021年中の予定)。

関連キーワード

Premiere | 動画編集 | Adobe Creative Cloud | Mac


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう