ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Adobe Creative Cloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Adobe Creative Cloud」に関する情報が集まったページです。

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
雑誌・書籍読み放題からソフトサブスク、クリエイターパトロンまで、何使ってる?
映像系、音楽系に続く、サブスクに関する状況をまとめるシリーズ第3弾は「その他」。(2022/1/19)

Sparkをリブランド+機能強化:
もっと気軽にコンテンツ作成を――アドビが「Creative Cloud Express」を投入 モバイル+Web対応で無料プランもあり
アドビがモバイル/Webブラウザ向けに提供しているコンテンツ制作ツールが「Creative Cloud Express」としてリブランドされることになった。AI技術「Adobe Sensei」などを活用した機能強化も図られており、誰でも簡単にプロ並みのコンテンツを制作できることがポイントだ。(2021/12/14)

PR:長時間バッテリー駆動×5G対応! これからのデジタルライフに寄り添う「HP Elite Folio」の魅力を探る
テレワークと在宅勤務を組み合わせる「ハイブリッドワーク」が普及しようとしている今、どこでも高いパフォーマンスを発揮できるモバイルノートPCが求められている。その選択肢の最有力候補の1つが、日本HPの5G対応ノートPC「HP Elite Folio」である。その魅力をチェックしてみよう。(2021/11/29)

【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
バッファローのHDDや骨伝導イヤフォン「AfterShokz」なども上位に。(2021/11/27)

GIGABYTE、クリエイター向けノートPC購入で「Adobe Creative Cloud」3カ月クーポンをプレゼントするキャンペーンを開始
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製「AERO」シリーズの対象モデル購入者向けのバンドルプレゼントキャンペーンを開始した。(2021/11/26)

Adobe CCコンプリートプランが35%オフの4万2768円に フォトショップなど20種以上のアプリが使い放題
12月3日まで。(2021/11/25)

「Windows 11」が初めて迎える年末商戦 日本マイクロソフトと主要PCメーカーはどう臨む?
日本マイクロソフトが、2021年末から2022年始にかけてのコンシューマー(個人ユーザー)向けの「Windows 11」のプロモーション戦略を説明した。主要なPCメーカーと共同で、さまざまな取り組みを実施していくという。(2021/11/18)

「raytrek」「THIRDWAVE」ブランドで提供:
サードウェーブが新コンセプトのノートPCを発表! 税込み10万円切りモデルも用意
サードウェーブは新コンセプトで作られたノートPC「raytrek X4-T」「THIRDWAVE F-14G」を発表した。天板は3方向からのヘアライン加工となる「トリニティ・ストライプ」が特徴(2021/11/18)

Arm版Windows 10の「x64エミュレーション」はなかったことに? MicrosoftがWindows 11へのアップグレードを推奨
Microsoftが、ArmアーキテクチャCPU向けのWindows 10における「x64アプリ」のエミュレーション機能の開発を表明してから11カ月。告知したブログのエントリーが更新され「Windows 11の利用」を推奨する文言が追加された。直接的な言及こそないが、Arm版Windows 10ではx64アプリの実行環境が用意されない可能性がある。(2021/11/17)

「仮想現実で生きる人が増えていく」――アドビCPOが語る、テクノロジー市場の未来予想
2021年10月27日、28日に開催した「Adobe Max 2021」。これに合わせて、同社のCPO(最高製品責任者)であるスコット・ベルスキー氏がテクノロジーとビジョンに関するインタビューに答えた。キーワードは「クラウド化」と「3D」だ。(2021/11/9)

小寺信良のIT大作戦:
ビデオ編集が「未経験者にも手早く稼げる人気の職業」だって? YouTuberにも人気のビデオ編集ソフト御三家の方向性を探ってみた
ビデオ編集ソフトの御三家、Apple「Final Cut Pro」、Adobe「Premiere Pro」、Blackmagic Design「DaVinci Resolve(Studio)」の方向性を探ってみた。(2021/11/8)

アドビのオリジナルフォント「ヒグミン」誕生秘話 画家ヒグチユウコ氏ならではの「つながる絵文字」とは
アドビが草むらや花畑を文字入力だけで表現できるフォントをリリースした。このちょっと変わったフォントが生まれた経緯を関係者に取材した。(2021/10/27)

アニメ「鬼滅の刃」に使われたフォント、「Adobe Fonts」に追加
アドビは、「Adobe Fonts」において、毛筆フォントメーカー「昭和書体」のフォント「黒龍爽」などを新たに追加したと発表。黒龍爽は、アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「胡蝶しのぶ」に使われているフォント「黒龍」のカスレを少なくしたもの。(2021/10/27)

「ヤバすぎ」「神ツール」──Photoshop新機能が話題に “マウスを合わせるだけで物体選択”
「Photoshop」の新機能、「ホバー選択」が話題になっている。マウスカーソルを画像内の物体に合わせるだけで物体を認識し自動で選択マスクを作れる。(2021/10/27)

「Adobe Creative Cloud」が2022年版に AIを使った機能強化をさらに推進
Adobe(アドビ)の有料サブスクリプションサービス「Creative Cloud」の各種アプリが2022年版にバージョンアップした。有効な契約を持っているユーザーは無償でアップデートできる。(2021/10/26)

「Photoshop」と「Illustrator」にWebブラウザ版 まずはβ版、データ閲覧までなら非会員にも開放
Adobeは10月26日、「Photoshop」と「Illustrator」のWebブラウザ版を発表した。Webブラウザ上で動作するためダウンロード不要で使えるのが特徴。有料会員であればレイヤー内のオブジェクトの移動や削除、文字入れといった簡単な編集が可能だ。(2021/10/26)

Adobe、Webベースのチーム管理「CC Web」 複数人でファイル共有や編集が可能に
米Adobeは、Web上で起動するチーム管理ツール「Adobe Creative Cloud Web」β版を発表。ストレージ機能を持ち、データの保存と共有が可能な「スペース」と、Webブラウザ上で制作物の編集と共有ができる「カンバス」の2つの機能を持つ。(2021/10/26)

コンテンツ制作のデータ共有を円滑に:
「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βがスタート Webブラウザ版「Photoshop」「Illustrator」も登場
Adobeがイベント「Adobe MAX 2021」に合わせて新サービス「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βを開始した。クラウドを介してコンテンツ制作のコラボレーションを円滑化することを目的としており、一般ユーザーには2022年から順次正式なサービスとしてリリースしていく予定だ。(2021/10/26)

ハイエンドSSDが新時代に! 176層/PCIe 4.0 x4の新製品2モデルを試す
176層の3D TLC NANDフラッシュメモリを搭載した、PCI Express 4.0 x4対応SSDが続々と登場している。Crucialと日本シーゲートの最新モデルをチェックした。(2021/10/15)

ポータブルSSDの道:
手元でPCもスマホのデータもバックアップ! 「Seagate One Touch SSD」を試す
外付けSSDの小型化と大容量化が進んでいる。クラウドとローカルでのデータ保存を含め、何かと便利な日本シーゲートの「One Touch SSD」をチェックした。(2021/10/12)

AmazonでAdobe製品のセール開催 10月13日まで「Adobe CC コンプリートプラン」が最大35%オフ
1人につきオンラインコード版は2個まで、パッケージコード版は3個まで購入できます。(2021/9/30)

AmazonでAdobe製品のセール開催 Adobe CC コンプリートプランが最大35%オフ
高額な分割引額も大きいです。(2021/8/24)

サードウェーブ、「写真&動画編集モデル」のラインアップを改定 計7製品を投入
サードウェーブは、クリエイター向けPCブランド“raytrek”から「写真&動画編集モデル」の新モデルを発表した。(2021/8/23)

Adobe、映像制作コラボサービス「Frame.io」買収 Creative Cloudに統合へ
Adobeが映像の共同制作サービスを手掛けるFrame.io社を買収する。Frame.ioのサービスは継続し、将来はCreative Cloudなどに機能を組み込む予定。(2021/8/20)

アドビが「Premiere Pro」をアップデート M1 Macにネイティブ対応 自動文字起こし機能も実装
アドビが「Adobe Creative Cloud」を構成する動画関連アプリの機能アップデートを実施した。Premiere ProとCharacter AnimatorではM1 Macへのネイティブ対応が行われる他、Premiere Proでは複数の新機能や機能改善が実装される。(2021/7/20)

国内における事業戦略を発表:
アドビ新社長の神谷知信氏が掲げるビジョンは「心、おどる、デジタル」
新ビジョンに基づき今後、企業のデジタルトランスフォーメーションをどう支援していくのか。(2021/6/30)

「GH5 II」と「GH6」、2つのガチ動画カメラ発表でパナのマイクロフォーサーズはどうなる
パナソニックが5月に発表した「GH5 Mark II」と「GH6」。どちらも型番に「H」が付く“ガチ動画”モデルだ。(2021/6/27)

Windows 11イベントで“新しいMicrosoft Store”も発表 条件によっては開発者収益100%に
Microsoftは「Windows 11」発表イベントで、Windowsのアプリストア「Microsoft Store」も新しくすると発表した。あらゆるアプリ(Win32、.NET、UWP、Xamarin、Electron、React Native、Java、PWA)を受け入れる。独自決済プラットフォームを利用する開発者の収益は100%になる。(2021/6/25)

「Windows 11」登場 Windows 10の後継OS
Microsoftが、Windows 10の後継となるOSのリリースを発表した。Windows 10を使っているユーザーなら、2021年秋から順次無償アップデートできるが、ハードウェアの要件を満たしていることが前提となる(2021/6/25)

3D制作ツール:
Adobe、3D制作者向けツール群「Substance 3D Collection」を発表
Adobeは、新しい3D製品ラインアップとして「Substance 3D Collection」を発表した。同コレクションは3D制作者向けのツール群で、「Substance 3D Painter」「Substance 3D Designer」「Substance 3D Sampler」「Substance 3D Stager」の4つの製品で構成される。(2021/6/25)

Adobe Lightroom ClassicがM1チップ搭載Macにネイティブ対応
アドビは、Adobe Creative Cloud製品のアップデートを発表。Adobe Photoshop Lightroom ClassicがApple M1チップ搭載Macにネイティブ対応した。(2021/6/9)

「Adobe Summit 2021」レポート:
Adobe Summitで明かされた「Adobe Experience Cloud」新着情報
「Adobe Experience Cloud」の製品アップデートを中心にAdobeの年次イベント「Adobe Summit 2021」のハイライトを紹介。(2021/4/28)

カラーフォントとバリアブルフォントで文字表現を超えたクリエイティブへ 日本語Adobe Fontsの新たな地平
「フォントの日」で発表されたカラーフォントとバリアブルフォントについて、アドビの担当者がさらに詳細に答えた。(2021/4/20)

アドビ流データドリブン経営への道【最終回】:
アドビの継続的成長を支える武器「DDOMダッシュボード」を公開
この連載もいよいよ最終回。今回は、アドビで実際に活用しているダッシュボードを見ながら、マーケティング、営業、そして私たちGTM(Go To Market)チームがどのようにデータドリブン戦略を実践しているのかを紹介しましょう。(2021/4/19)

アドビ流データドリブン経営への道【第4回】:
データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、目標達成に向けたその役割について説明します。(2021/4/12)

TikTokと東宝がタッグ 「“縦型動画”にまだ開拓の余地がある」──映画祭でクリエイター発掘狙う
動画共有サービス「TikTok」を運営する中国ByteDanceの日本法人と東宝は、新たなクリエイターの発掘と育成を目的に映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」を開催すると発表した。(2021/4/8)

アドビ流データドリブン経営への道【第3回】:
マーケティングと営業を束ねてカスタマージャーニー全体を見るチームが必要な理由
アドビが実践するデータドリブン経営について詳しく解説する連載。3回目のテーマは組織体制です。(2021/4/5)

アドビ流データドリブン経営への道【第2回】:
「レジリエンス」につながるデータドリブン経営 コロナ禍でアドビが見たこととやったこと
今回は、コロナ禍におけるアドビのデジタルメディアビジネスと社員の働き方を振り返り、これからデータドリブン経営に取り組んでいく企業に向けての示唆を提供できればと考えています。(2021/3/29)

【新連載】アドビ流データドリブン経営への道:
月朝にダッシュボードを見て夕方に打ち手が決まり火曜に実行 アドビのサブスクビジネスを支える「DDOM」とは
ソフトウェアの提供形態をパッケージ販売モデルからサブスクリプションモデルへ転換させ、見事に成功を果たしたアドビ。変革を支えたデータドリブン経営の根幹を支える仕組みとはどのようなものか。(2021/3/22)

サードウェーブ、クリエイター向け「Adobe CC 推奨スペック」PCにRyzenモデルを追加
サードウェーブは、同社製クリエイター向けPC「レイトレック Adobe CC 推奨スペックパソコン」にRyzen搭載の新構成モデルを追加した。(2021/3/15)

DRAMレスとHMB採用でコスト競争力を高めたNVMe SSD「Samsung SSD 980」を試す
SamsungのSSDに、PCI Express 3.0(NVMe)インタフェース対応のベーシックモデル「Samsung SSD 980」が追加された。DRAMレスおよびHBMの導入はどのような影響を与えるのか、細かくテストを行った。(2021/3/11)

「コスト」「専門知識」より必要なもの:
PR:「ひとり担当者」でも始められる! 専門家と成功事例に学ぶ、動画マーケティングのコツ
重要性を増す動画マーケティングだが、「コストがかかる」「専門的で大変そう」というイメージから、なかなか手を出しづらいと感じている担当者も多い。そこで今回は、動画マーケティングに詳しい、電通メディアイノベーションラボの天野彬氏に「ひとり担当者」のような部署でも動画マーケティングを成功に導くためのカギを聞いた。(2021/3/5)

Ryzen搭載モデルの中でもひときわ光る14型モバイルPC「mouse X4-R5」の魅力
モバイルPCにも、AMDのRyzenを採用したモデルが増えている。マウスコンピューターの「mouse X4-R5」は、CPUにAMDのRyzen 5 4600Hを搭載した14型モバイルPCだ。税別7万6800円から購入できる高コスパモデルをチェックしよう。(2021/3/2)

Windowsフロントライン:
2021年のWindows 10を改めて見渡す
2020年は控えめなアップデートが続いたWindows 10だが、2021年は大きなトピックが控えている。まずは直近のバージョン別シェアから2021年のWindows 10を見ていこう。(2021/1/4)

動画編集実務で計るM1 Macの実力:
M1 Macネイティブのβ版登場のPremiere Pro、その実力は?
Final Cut Pro、DaVinci Resolveときて、3回目のM1 Macビデオ編集ソフト検証は、Premiere Pro。(2020/12/25)

アドビ、M1 Macにネイティブ対応した「Premiere Pro」「Premiere Rush」「Audition」β版を提供開始
アドビは、動画編集ソフト「Premiere Pro」など3製品のApple M1プラットフォーム対応β版の提供を開始した。(2020/12/22)

Adobe決算、売上は過去最高の128億ドル 「Adobe CC」などが好調
米Adobeが2020年11月期の通期連結決算などを発表し、売上高で過去最高となる前年比15%増の128億6800万ドルを記録した。(2020/12/14)

「吊るしで十分ですよ」 M1搭載MacBook Airを手にしたデザイナーは言った
Macを使ったDTPの黎明期から活躍しているエディトリアルデザイナーに、M1搭載Macの印象を語ってもらった。(2020/12/4)

【Amazonブラックフライデー】初日にもっとも売れたのは2700円OFFの「Fire TV Stick 4K」 各種Anker製品も上位に
「Fire TV Stick」は1個あると便利ですよ。(2020/11/28)

TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、マーケティングワークフロー自動化のWorkfrontを15億ドルで買収
CXM市場での競争力を高めるべく、Adobeは関連ベンダーの買収を進めている。マーケティングワークフロー自動化ベンダーのWorkfront社を15億ドルで買収するのは、その一環だ。(2020/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。