ニュース
» 2021年01月13日 03時40分 公開

CES 2021:ASUSがRyzen 9 5980HSにGeForce RTX 3080内蔵のeGPUボックスを備えた新型ROGシリーズなどを投入 (1/2)

ASUSが1月12日(現地時間)、ROG CES 2021 Launch Event「For Those Who Dare」をオンラインで開催し、同社のゲーミングPCブランド「Republic Of Gamers」を中心に新モデルを発表した。日本国内での発売時期や価格は現時点で不明だ。

[ITmedia]

 1月12日(現地時間)、ASUSは「ROG CES 2021 Launch Event For Those Who Dare」と題したバーチャル発表会を開催し、ゲーミングPCや周辺機器の投入を明らかにした。現時点で日本での発売を含め、投入時期や価格は不明だ。

ROG CES 2021 今回発表されたROG/TUFシリーズの一覧

 ASUSの「Republic Of Gamers」ことROGシリーズは、2006年のスタートから同社のゲーミングブランドとして、マザーボードを皮切りにノートPCやデスクトップPC、さらにはスマートフォンや周辺機器に至るまでさまざまなモデルを展開している。

 今回発表されたのは2画面ゲーミングノートPC「ROG Zephyrus Duo 15 SE」を筆頭に、外付けGPUボックスをセットにした「ROG Flow X13+XG Mobile」や周辺機器まで多岐に渡る。

 ここでは、その中から気になるモデルを取り上げる。

ROG Flow X13

ROG CES 2021 13.4型のスリムゲーミングノートPC「ROG Flow X13」

 ROG Flow X13は、AMDのRyzen 9 5980HS(8コア16スレッド、3.0GHz〜4.8GHz)とNVIDIAのGeForce GTX 1650を搭載し、ボディーの厚さが約15.8mm、重量が約1.3kgのスリムな2in1タイプのゲーミングノートPC。液晶ディスプレイは13.4型で、画面解像度は4K(3840×2160ピクセル)か120Hz駆動に対応したフルHD(1920×1080ピクセル)モデルが用意される。

ROG CES 2021 GeForce 3080 RTXを内蔵した外付けGPUボックス「XG Mobile」。USB端子やディスプレイ出力端子も備える

 最大の特徴は、GeForce 3080 RTXを内蔵した外付けGPUボックス「XG Mobile」が付属することだ。Thunderbolt経由の一般的な外付けGPUボックスは帯域幅の制限などでGPUの性能が生かせなかったが、XG MobileはPCI Express Gen3 x8接続によりボトルネックを解消しているという。

ROG CES 2021 インタフェースは専用端子で、280Wの電源も内蔵している

ROG Zephyrus Duo 15 SE

ROG CES 2021 2画面ゲーミングPC「ROG Zephyrus Duo 15 SE」

 ROG ScreenPad Plusと呼ばれるセカンドディスプレイを備えたゲーミングPCで、15.6型のメイン画面は120Hz駆動で解像度が4K(3840×2160ピクセル)と、300Hz駆動のフルHD(1920×1080ピクセル)のモデルが用意される。

 CPUはAMDのRyzen 9 5900HX(8コア16スレッド、3.3GHz〜4.6GHz)、GPUはNVIDIAのGeForce RTX 3080と、いずれも新採用のハイエンドパーツで構成される。新たなAAS+ Coolingで効率的なシステム冷却を実現する他、4基のスピーカーを内蔵することでDolby Atomsもサポートしている。

ROG CES 2021 新採用のクーリングシステム
ROG CES 2021 ROG Zephyrus Duo 15 SEの特徴

ROG Strix SCAR 15/17

ROG CES 2021 液晶ディスプレイ天面のROGロゴが光る「ROG Strix SCAR 17」

 eSportsでの利用を想定したゲーミングノートPCで、CPUはAMDのRyzen 9 5900HX、GPUはGeForce RTX 3080、メモリは最大64GBまで搭載可能なスペックを備える。画面サイズは15.6型と17.3型があり、画面解像度は360HzのフルHDまたは165HzのWQHD(2560×1440ピクセル)のモデルを用意する。

ROG CES 2021 RGBライティングに対応したメカニカルキーボードを搭載する

 約4.5mm幅の狭額縁パネルの採用により、画面占有率は従来の80%から85%に向上し、ボディーサイズもSCAR 15で7%、SCAR 17で5.7%コンパクトになっている。

ROG CES 2021 ROG Strix SCARシリーズの特徴

ROG Zephyrus G14/G15

 液晶ディスプレイ天面に、AniMe Matrix LEDを備えて表示をカスタマイズできるユニークな機能を備えたのが「ROG Zephyrus G14」、15.6型で6基のスピーカーを内蔵したスリムゲーミングPCが「ROG Zephyrus G15」だ。どちらもNVIDIAのGPUと新世代のAMDプロセッサを採用する。

 特にROG Zephyrus G15は、ベゼル幅を約4.6mmに抑えて画面占有率を前モデルの81%から85%にアップしながら、ボディーの小型化と約1.9kgという軽量化を実現しているのがポイントだ。

ROG CES 2021 Eclipse GrayとMoonlight Whiteのボディーカラーで展開する「ROG Zephyrus G14」
ROG CES 2021 ROG Zephyrus G14の特徴
ROG CES 2021 165Hzで2560×1440ピクセル表示の15.6型液晶ディスプレイを備えた「ROG Zephyrus G15」
ROG CES 2021 ROG Zephyrus G15の特徴
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう