プロナビ
レビュー
» 2021年03月05日 12時00分 公開

PCIe 4.0 SSDのスピードは? Core H35は快適? 新型「VAIO Z」を徹底解説(後編)(1/3 ページ)

3月5日に発売された新型「VAIO Z」は、新型のCore H35プロセッサ(Tiger Lake-H)をいち早く搭載した他、PCI Express 4.0接続の備えるなどスペック面でも見どころが多い。ベンチマークテストを通して実力をチェックしてみよう。

[井上翔,ITmedia]

 3月5日、VAIOのフラグシップノートPC「VAIO Z」の新モデルが4年ぶりに登場する。ITmedia PC USERでは以前、その外観的な特徴を解説する記事を掲載している。

 新しいVAIO Zは、Intelの新型CPU「Core H35プロセッサ(開発コード名:Tiger Lake-H)と」、PCI Express 4.0接続の高速SSDを搭載している。これらは、ノートPCとしての快適さにどのようなメリットをもたらすのだろうか。Web通販限定の最上位モデル「SIGNATURE EDITION」の実機(製品版)を通してチェックしていく。

VAIO Z 新しいVAIO Z(通常モデルのUSキーボード搭載構成)

PCI Express 4.0のSSDは“めっちゃ速い”

 新しいVAIO Zのストレージは「第四世代ハイスピードSSD」だ。一般的な言い方に直すと、PCI Express 4.0接続の超高速SSDを採用している。シーケンシャル(連続)読み出し速度は、毎秒6GBを超えるという。

 今回レビューする本体には、Samsung Electronics(サムスン電子)製のSSD「PM9A1」の512GBモデル(MZVL2512HCJQ-00B00)が搭載されていた。公称スペックはシーケンシャル読み出しが毎秒6900MB、シーケンシャル書き込みが毎秒5000MBとなっている。

SSD CrystalDiskInfo 8.11.2で取得したSSDの情報

 公称スペックの時点でかなりの高速ぶりだが、実際の速度はどれほどなのだろうか。ストレージのベンチマークソフト「CrystalDiskInfo 8.0.1」を使って速度を計測してみよう。同アプリの標準設定のままテストを実行すると、以下のような結果となった。

  • シーケンシャル読み出し(Q8T1):毎秒6799.95MB(毎秒約6.64GB)
  • シーケンシャル書き込み(Q8T1):毎秒4257.01MB(毎秒約4.16GB)
  • ランダム読み出し(Q32T1):毎秒767.36MB
  • ランダム書き込み(Q32T1):毎秒696.03MB

 シーケンシャル書き込みはいくらか公称値よりも遅いが、それでも非常に高速である事実は変わらない。思わず「速っ」とつぶやいてしまったほどだ。これなら、OSやアプリの起動はもちろん、写真や動画の編集、書き出しも快適だろう。

結果 CrystalDiskInfo 8.0.1の測定結果

Core H35の最高峰「Core i7-11375H」の実力は?

 VAIO Z SIGNATUE EDITIONには「Core i7-11375H」というCPUが搭載されている。このCPUはCore H35プロセッサの「スペシャルエディション」という位置付けで、動作クロックは3.3GHz〜5GHz、4コア8スレッドという構成となっている。

 Core H35プロセッサのTDP(熱設計電力)は、28〜35Wの範囲で設定される。その高いポテンシャルを存分に発揮するためには、より強力な放熱機構が欠かせない。その点、前回も触れた通り、VAIO Zではデュアルファンと太いヒートパイプからなる強力な放熱機構を備えている。この機構とVAIO独自のチューニング技術「VAIO True Performance」を組み合わせることで、TDPの最大値(35W)、つまりCPUの最大性能をより長く引き出せるようになっているという。

 ……と言葉で説明するのは簡単だが、その効果はいかほどのものだろうか。ベンチマークテストを通してチェックしてみよう。今回テストを行うVAIO Z SIGNATUE EDITIONの主なスペックは以下の通りだ。

  • CPU:Core i7-11375H
  • メインメモリ:16GB(LPDDR4X)
  • ストレージ:512GB SSD(PCI Express 4.0接続)
  • ディスプレイ:14型4K(3840×2160ピクセル)液晶
  • OS:Windows 10 Pro(64bit版)

 バッテリーの持続時間以外のテストは、Windowsの電源設定を「最も高いパフォーマンス」とした上で実行している。

CINEBENCH R23

 まず、レンダリングを通してCPUのパフォーマンスを確認する「CINEBENCH R23」を実行してみた。結果は以下の通りだ。

  • マルチコア:7078ポイント
  • シングルコア:1621ポイント

 通常の第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tiger Lake)と比べると、マルチもシングルもスコアが高い。稼働クロックの高さが奏功したものと思われる。

スコア CINEBENCH R23のスコア
シングルコア比較 シングルコアスコアの比較。Core i7-1165G7(2.8GHz〜4.7GHz、4コア8スレッド)の最大TDP(28W)時よりもさらに高いスコアを発揮している
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう