ニュース
» 2021年03月22日 12時30分 公開

一番人気はCore-i7――第11世代Core i予約販売が始まる古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

Z590 TaichiにZ590 AORUS TACHYONも――ハイエンド製品が並ぶ

 CPUの販売スケジュールが明示されたタイミングで、対応するチップセットとなるIntel 500シリーズ搭載マザーボードのハイエンドクラスもそろい踏みした感がある。パソコンSHOPアークは「今回はCPUの発熱がなかなかなので、どのグレードのCPUを選ぶかでマザーボードのすみ分けもよりはっきりしそうです。それだけの選択肢はそろっていますし、盛り上がりそうですね」と話していた。

 ASRockで目立っていたのはATXモデル「Z590 Taichi」だ。価格は5万9000円前後で、オリオスペックは「もともと人気のあるシリーズで待っていた人も多いですね。Thunderbolt 4も対応していますし、狙っている人は多そうです」(オリオスペック)

Z590 Taichi オリオスペックに入荷したASRock「Z590 Taichi」
Z590 Taichi パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のPOP

 ギガバイトからは、オーバークロックに特化したE-ATXモデル「Z590 AORUS TACHYON」と、同社Intel 500シリーズの最上位に置かれるE-ATXモデル「Z590 AORUS XTREME」が登場した。価格は7万2000円弱と10万9000円弱だ。「はっきりした個性を前面に出していますよね。価格的にどうなのかと思ったのですが、Z590 AORUS XTREMEは早速売り切れました」(TSUKUMO eX.)

Z590 AORUS TACHYON TSUKUMO eX.に並ぶギガバイト「Z590 AORUS TACHYON」。「Z590 AORUS XTREME」は既に売り切れ
Z590 AORUS XTREME 「Z590 AORUS XTREME」の基板

 MSIもATXサイズのハイエンドモデルATX「MEG Z590 ACE」を投入している。Thunderbolt 4対応で、価格は6万円強だ。「今回はこちらがMSIのハイエンドという位置づけで、M.2スロットを4基備えるなどゴージャスな構成になっていますね」(パソコン工房 秋葉原BUYMORE店)

MEG Z590 ACE MSI「MEG Z590 ACE」

 続いてはPCケースの新顔だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.