プロナビ
ニュース
» 2021年04月07日 19時00分 公開

Intelが「第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)」を発表 最大40コアで処理能力を向上

Intelが、Ice Lakeアーキテクチャに基づく第3世代Xeonスケーラブルプロセッサを発表した。クロック当たりの処理性能を向上し、機械学習ベースのAI処理も高速化している。なお、既存のCooper Lakeアーキテクチャの製品は継続販売(併売)される。

[井上翔,ITmedia]

 Intelは4月6日(米国太平洋時間)、サーバ/データセンター向けのCPU「第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ」の新製品(開発コード名:Ice Lake-SP)を発表した。既存製品と比べて最大コア/スレッド数が増加しただけではなく、IPC(クロック当たりの処理命令数)や暗号/復号に関する処理性能も向上している。

概要 第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)の概要。利用する用途に合わせて幅広いラインアップを用意する

第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)の概要

 今回新たに追加された第3世代Xeonスケーラブルプロセッサは、モバイル向け第10世代Coreプロセッサの一部で採用された10nmプロセスの「Ice Lakeアーキテクチャ」を採用している。ただし、PCI Express 4.0バス(最大64レーン)の搭載など、スケーラブルプロセッサに必要な機能を追加している。CPUソケットは、発売済みの「Cooper Lakeアーキテクチャ」を採用する製品と同じく「FCLGA4189」だ。

 第2世代(開発コード名:Cascade Lake-SP)と比べると、IPCは最大で20%向上し、AIの演算パフォーマンスは平均で約1.46倍高速化している(28コア56スレッド製品での比較)。

CPUのコアとスレッド数は、最大構成で40コア80スレッド、最小構成で8コア16スレッドとなっている。内蔵メモリコントローラはDDR4-3200規格に対応しており、最大8チャンネル構成を構築可能だ。メインメモリの最大容量は、CPUソケット1つ当たり6TB(※1)となる。

(※1)DRAMと「Optane Persistent Memory 200」の合算値(一部製品はOptane Persistent Memory 200に非対応)

比較 第2世代(Cascade Lake-SP)製品との比較。CPUアーキテクチャの刷新はもちろんだが、その他の面でも機能強化が図られている
全体的な改善 CPUの最大コア/スレッド数が増えたのはもちろんだが、コア当たりの処理性能も改善している

 機械学習ベースのAI処理は、「Intel Deep Learning Boost」への対応を含めて対応を強化を行い、AI推論性能は第2世代製品と比べて最大約1.74倍高速化しているという。データの暗号化/復号を高速に行える命令セットも追加された。

 AI処理に関する処理能力では、Xeon Platinum 8380(2.3GHz〜3.4GHz、40コア80スレッド)とAMDのCPU「EPYC 7763」(2.45GHz〜3.5GHz、64コア128スレッド)やNVIDIAのGPU「NVIDIA A100」(参考記事)との速度比較を行っている。Xeon Platinum 8380のAI/機械学習処理は、EPYC 7763比で平均約1.5倍、A100比で平均約1.3倍高速だという。

 セキュリティ機能としては「Intel Software Guard Extensions(SGX)」の機能強化を図った他、「Intel Total Memory Encryption(TME)」「Intel Platform Firmware Resilience(PFR)」に新たに対応している。TMEはメインメモリの内容の暗号化を行う機能で、メモリに対する物理的攻撃による情報漏えいを防ぐ。PFRはシステム的にクリティカルなファームウェア(UEFIなど)を防護する機能で、不正を検知すると“正規の”ファームウェアに自動で書き戻す。

命令セット追加 機械学習ベースのAI処理に対応する命令セットを追加し、データの暗号化/復号を高速に行うための命令セットも用意した
処理能力 あらゆる用途で高速化を期待できる
競合 EPYC 7763やNVIDIA A100と比べて高速な処理を行えることをアピール
EPYC Xeon Platinum 8380とEPYC 7763の比較は詳細に行っている。各種命令セットを活用することで、コアやスレッドの数で「劣る」Xeon Platinum 8380でも高いパフォーマンスを発揮するという(全てEPYC 7763を基準としたパフォーマンスとしている)

新製品は36モデル

 Ice Lakeアーキテクチャの第3世代Xeonスケーラブルプロセッサは、用途に合わせてさまざまな製品が投入される。CPUは最大でデュアル(2基)構成にできるが、一部にシングル(1基)専用品もある。

注釈

(※2)シングルソケット専用品(デュアル構成非対応)

(※3)Optane Persistent Memory 200非対応(メインメモリはCPU1基当たり最大6TB)

(※4)Intel Speed Select Technology Performance Profile 2.0(SST-PP)対応

(※5)液冷対応品


ラインアップ 第3世代Xeonスケーラブルプロセッサのラインアップ(Cooper Lakeアーキテクチャの製品を含む)

シングルソケット専用品

  • Xeon Gold 6312U(2.4GHz〜3.6GHz、24コア48スレッド、TDP 185W)(※2)
  • Xeon Gold 6314U(2.3GHz〜3.4GHz、32コア64スレッド、TDP 205W)(※2)
  • Xeon Platinum 8351U(2.4GHz〜3.5GHz、36コア72スレッド、TDP 225W)(※2)

長期利用(10年間)/NEBSサーマル対応品

  • Xeon Silver 4310T(2.3GHz〜3.4GHz、10コア20スレッド、TDP 105W)(※3)
  • Xeon Gold 5320T(2.3GHz〜3.5GHz、20コア40スレッド、TDP 150W)
  • Xeon Gold 6338T(2.1GHz〜3.4GHz、24コア48スレッド、TDP 165W)

メディア処理最適化品

  • Xeon Platinum 8352M(2.3GHz〜3.5GHz、32コア64スレッド、TDP 185W)

ネットワーク/ネットワーク仮想化(NFV)最適化品

  • Xeon Gold 5318N(2.1GHz〜3.4GHz、24コア48スレッド、TDP 150W)(※4)
  • Xeon Gold 6330N(2.2GHz〜3.4GHz、28コア56スレッド、TDP 165W)
  • Xeon Gold 6338N(2.2GHz〜3.5GHz、24コア48スレッド、TDP 185W)
  • Xeon Platinum 8351N(2.4GHz〜3.5GHz、36コア72スレッド、TDP 225W)(※2)

仮想マシン最適化品

 末尾が「P」のモデルはIaaS(Infrastructure as a Service)に、「V」のモデルはSaaS(Software as a Service)に最適化されている。

  • Xeon Platinum 8352V(2.1GHz〜3.5GHz、36コア72スレッド、TDP 195W)
  • Xeon Platinum 8358P(2.6GHz〜3.4GHz、32コア64スレッド、TDP 240W)

Intel SGXエンクレーブ領域最大化モデル(512GBまで確保可能)

  • Xeon Gold 5318S(2.1GHz〜3.4GHz、24コア48スレッド、TDP 165W)(※4)
  • Xeon Platinum 8352S(2.2GHz〜3.4GHz、32コア64スレッド、TDP 165W)(※4)
  • Xeon Platinum 8368(2.4G〜3.4GHz、38コア72スレッド、TDP 270W)
  • Xeon Platinum 8368Q(2.6G〜3.7GHz、38コア72スレッド、TDP 270W)(※5)
  • Xeon Platinum 8380(2.3G〜3.4GHz、40コア80スレッド、TDP 270W)

スケーラブルパフォーマンス重視モデル

  • Xeon Silver 4309Y(2.8GHz〜3.6GHz、8コア16スレッド、TDP 105W)(※3)(※4)
  • Xeon Silver 4310(2.1GHz〜3.3GHz、12コア24スレッド、TDP 120W)(※3)
  • Xeon Silver 4314(2.4GHz〜3.4GHz、16コア32スレッド、TDP 135W)
  • Xeon Silver 4316(2.3GHz〜3.4GHz、20コア40スレッド、TDP 150W)(※3)
  • Xeon Gold 5318Y(2.1GHz〜3.4GHz、24コア48スレッド、TDP 165W)(※4)
  • Xeon Gold 5320(2.2GHz〜3.4GHz、26コア52スレッド、TDP 185W)
  • Xeon Gold 6330(2GHz〜3.1GHz、28コア56スレッド、TDP 205W)
  • Xeon Gold 6336Y(2.4GHz〜3.6GHz、24コア48スレッド、TDP 185W)(※4)
  • Xeon Gold 6338(2GHz〜3.2GHz、32コア64スレッド、TDP 205W)
  • Xeon Platinum 8352Y(2.2GHz〜3.4GHz、32コア64スレッド、TDP 205W)(※4)

スケーラブルパフォーマンス重視モデル(ベースクロック高め)

  • Xeon Gold 5315Y(3.2GHz〜3.6GHz、8コア16スレッド、TDP 140W)(※4)
  • Xeon Gold 5317(3GHz〜3.6GHz、12コア24スレッド、TDP 150W)
  • Xeon Gold 6326(2.9GHz〜3.5GHz、16コア32スレッド、TDP 185W)
  • Xeon Gold 6334(3.6GHz〜3.7GHz、8コア16スレッド、TDP 165W)
  • Xeon Gold 6346(3.1GHz〜3.6GHz、16コア32スレッド、TDP 205W)
  • Xeon Gold 6354(3GHz〜3.6GHz、18コア36スレッド、TDP 205W)
  • Xeon Gold 6342(2.8GHz〜3.5GHz、24コア48スレッド、TDP 230W)
  • Xeon Gold 6348(2.6GHz〜3.5GHz、28コア56スレッド、TDP 235W)
  • Xeon Platinum 8358(2.6GHz〜3.4GHz、32コア64スレッド、TDP 250W)
  • Xeon Platinum 8360Y(2.4GHz〜3.5GHz、36コア72スレッド、TDP 250W)(※4)
  • Xeon Platinum 8362(2.8GHz〜3.6GHz、32コア64スレッド、TDP 265W)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう