連載
» 2021年04月23日 12時00分 公開

三脚に取り付けられてスタンド兼用スリーブも便利! ASUSの15.6型モバイルディスプレイを試すモバイルディスプレイの道(1/3 ページ)

モバイルディスプレイのバリエーションモデルを相次いで投入しているASUS JAPANから、15.6型で最もスタンダードといえる仕様の「ZenScreen MB16AH」が登場した。こだわりのポイントをチェックしていこう。

[山口真弘,ITmedia]

 ASUSの「ZenScreen MB16AH」(以下、MB16AH)は、15.6型のモバイルディスプレイだ。縦横両置きに対応できるスリーブ兼用スタンドが添付される他、背面にはネジ穴が設けられており、市販の三脚をディスプレイアーム代わりに取り付けられることも特徴となる。メーカーから実機を借用したので、レビューをお届けする。

ZenScreen MB16AH 15.6型の「ZenScreen MB16AH」。ボディーサイズは約359.7(幅)×227.4(奥行き)×9(厚さ)mmだ

USB Type-C/HDMIに両対応 付属のスリーブ兼用スタンドが秀逸

 まずは基本的なスペックをざっとチェックしよう。画面サイズは15.6型で、パネルはIPS方式、非光沢仕様を採用する。解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)、最大輝度は250ニト、応答速度は5ms(Gray to Gray)、コントラスト比は700:1となっている。視野角は水平/垂直ともに178度だ。

 USB Type-CとHDMIの両接続方式に対応するのは、昨今のモバイルディスプレイとして一般的な仕様だ。スピーカーは1W×2と、出力はやや控えめで、フリッカー低減技術も搭載している。

 本製品の特徴として、一般的なモバイルディスプレイによくあるカバー兼用のスタンドと異なり、スリーブ兼用スタンドの付属が挙げられる。本体をすっぽり収納するタイプなので、持ち出し時に収納ポーチなどを別途用意せずに済むのはメリットだ。

 スリーブ兼用スタンドのメリットは、横置きに加えて縦置きにも対応できることにある。単純に縦向きに設置するだけなら本製品でなくとも可能だが、本製品はWindows用ソフトを用いての自動回転にも対応する。さらに、背面のネジ穴を使って市販の三脚に取り付けることも可能だ。詳細は後述する。

MB16AH ベゼルは段差のあるタイプだ。タッチ操作には対応しない
MB16AH スリーブ兼用のスタンドを使って立てる珍しい仕組みを採用する
MB16AH 横から見た状態。角度はもう1段階直立寄りに設定できるが、あまり差はない
MB16AH スタンドを展開すると、液晶ディスプレイを収納するスリーブとして使用できる
MB16AH 両端がマジックテープで固定されている
MB16AH スタンドとして使い際は一端を持ち上げ、もう一端に重ねる
MB16AH マジックテープで固定され、スタンドの形状になる
MB16AH 先端に2カ所設けられたストッパーにひっかけて本体を固定する仕組みだ。この構造ゆえ、横置きだけでなく縦置きにも対応する
MB16AH スリーブは本体をまるごと収納できるので、一般的なカバー兼用スタンドよりも保護性能は高い

 重量は公称約730gで、実測値では本体のみで715g、スリーブ兼用スタンド込みで928gと、持ち歩き時の総重量はかなり控えめだ。マグネット吸着式のカバー兼用スタンドを採用した製品だと、総重量は1.2kg程度あるのが普通なので、持ち歩き時の重量にこだわるならば、本製品は有力な候補となる。

 microHDMIケーブル、USB Type-Cケーブルに加えて、USB Type-CをUSB Type-Aに変換するアダプターが添付されているが、Type-C→Type-Aへの変換はUSB Type-Cの規格外なので、使用しないことをお勧めする。USB Type-Aから給電したい場合は、USB Type-A→Type-Cケーブルを別途調達するか、あるいはUSB Type-C仕様の電源アダプターを用いるようにしたい。

MB16AH 付属品一覧。USB Type-Cケーブル、microHDMIケーブル、USB電源アダプターと、USB Type-C→Type-A変換アダプターもセットになっている
MB16AH 重量は実測で715gだった
MB16AH スリーブ込みだと928gとなる。15.6型モデルの中では比較的軽量だ
MB16AH ベゼル幅は実測で左右が7mm、上部が6.5mmと、かなりスリムだ

 では、ノートPCに接続しよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう