ニュース
» 2021年05月18日 12時43分 公開

Apple Musicがロスレスオーディオに対応 Dolby Atmosも利用可能に

Appleは、同社が提供する配信サービス「Apple Music」でロスレスオーディオの提供を開始すると発表した。

[ITmedia]

 Appleはこのほど、同社が提供する配信サービス「Apple Music」でロスレスオーディオの提供を開始すると発表した。

photo

 対応する楽曲は7500万曲以上で、サブスクリプション登録者は別途追加料金を支払うことなくALAC(Apple Lossless Audio Codec)音源による高音質での配信を利用可能だ。Apple Musicのロスレスのレベルは、16ビット/44.1kHz(キロヘルツ)のCD品質から、最大24ビット/48kHzまであり、Appleのデバイスでそのまま再生できる。またこのほか最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供するという。

 また、合わせてDolby Atmosへの対応も実施。AirPodsおよびBeats製ヘッドフォン、最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーを用いることでDolby Atmosの再生を行うことが可能になる。Dolby Atmos対応楽曲は開始時点では数千曲で、定期的に追加を行っていくとしている。

 両機能はともに2021年6月に実装される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう