ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Apple Music」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Apple Music」に関する情報が集まったページです。

Appleの最新CMに見る「プライバシー情報搾取」の現状
Appleがプライバシーの情報搾取について、新しい啓発CMを公開した。AppleがこのCMを制作した狙いやこれまでの取り組みについて、林信行氏がまとめた。(2022/5/20)

Apple新製品発表をさらに楽しむ方法 「緑のまとめスライド」の見方と真の目的
Appleのイベントで毎回紹介される「緑のまとめスライド」。この表には独特な見方があり、それを知ると同社の発表会を違った角度で楽しめるようになるという。林信行氏が分かりやすく解説する。(2022/5/19)

これでサブスクは不要? PCなしでCD楽曲をスマホに取り込める「CDレコ6」徹底レビュー
Apple MusicやAmazon Music Unlimitedなどをはじめ、サブスクサービスによってこれまで聞かなかったジャンルの音楽を気軽に聞けるようになった。とはいえ昔から気に入っている曲をCDで持っているなら、スマホでも聞きたい。PCなしでCDの音源を取り込める「CDレコ6」を紹介する。(2022/5/16)

CloseBox:
iPodにさよならを 音楽は生き続けるが、どう変わるのか
iPodシリーズ最後のモデル「iPod touch(第7世代)」在庫限りで販売終了となる。初代iPodから使い続けてきた筆者が振り返る。(2022/5/11)

Apple、iPod touchの販売を終了へ 約20年の歴史に幕
米Appleは5月10日(現地時間)、携帯音楽プレーヤー「iPod touch」の販売を、在庫がなくなり次第終了すると発表した。iPodの登場から約20年が経過した今ではiPhone、iPad、Mac、Apple WatchからApple Musicをはじめとするストリーミングプラットフォームにアクセスし、自分の音楽ライブラリをどこへでも持ち出せるようになった。iPodは約20年の歴史を終えることとなる。(2022/5/11)

Apple、iPodの歴史に幕 シリーズ最後のモデル「iPod touch(第7世代)」在庫限りで販売終了
2001年10月23日から20年にわたって活躍してきたiPodが、在庫限りで終わる。(2022/5/11)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
14個のスピーカーを組み込んだTesla Model 3は空間オーディオ、ハイレゾを楽しめる?
Tesla Model 3 ロングレンジは14個のスピーカーを搭載している。これらを駆使してどのようなサウンドを奏でることができるのか、ご紹介しよう。(2022/5/9)

ソフトバンク、App Store/Google Playでキャリア決済するとPayPayポイントをプレゼント
ソフトバンクは、4月28日〜5月30日に「春がおトク!キャリア決済でPayPayポイントキャンペーン」を開催。App Store/Google Playでキャリア決済を初めて利用すると最大2000円相当のPayPayポイントをプレゼントする。(2022/5/2)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【4月30日最新版】 特価スマホや高額還元を見逃すな
ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileとauのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/4/30)

保険マンモス調べ:
利用者がおすすめするサブスク 3位「Apple Music」、2位と1位は?
保険相談サービスを提供する保険マンモス(東京都港区)が、男女500人を対象に、サブスクリプションサービスについてアンケート調査を実施した。利用しているおすすめのサブスクを尋ねたところ、「Amazon Prime Video」(158人)、「Netflix」(124人)が上位となり、半数以上を占めた。(2022/4/23)

LINEでApple Gift Cardを贈れるように 贈り手に10%還元も
LINE Payは4月20日、コミュニケーションアプリ「LINE」内で「Apple Gift Card」を購入できるサービスを拡充し、LINEの友達に贈ることができる機能の提供を開始した。Apple Gift Cardを贈る際の手順と受け取る手順も公開した。Apple Gift Cardを友達に贈ると、贈り手のユーザーにLINEポイントを10%還元(LINEポイント最大500ポイント)するキャンペーンが始まった。(2022/4/20)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
3G時代を盛り上げた「着うたフル」からサブスクまで 携帯の音楽配信を振り返る
4Gから5Gへと切り替わる今、有料動画配信サービスをいつでもどこでも楽しめるのが、当り前の光景になりつつある。同様に今から20年ほど前、2Gから3Gに切り替わる時代に芽吹き、その後当り前の光景として定着していったのが音楽配信サービスだ(2022/4/17)

Amazonプライム・ビデオ、日本だとApple TVより407倍人気 Appleが分析結果を公開
米Appleは、米Analysis Groupのエコノミストが発表したサードパーティーアプリに関する報告書を紹介する形で、自社アプリよりもサードパーティーアプリが人気を獲得しているとの分析を発表した。(2022/4/11)

「響け!ユーフォニアム」関連楽曲250曲以上がサブスク解禁! 第6回定期演奏会は5月に開催
ユーフォニアムの世界に浸れる至福。(2022/4/4)

アニメ「進撃の巨人」、完結編を23年放送 「GYAO!」は5期全話を無料配信
NHKは3日、テレビアニメ「進撃の巨人」の「The Final Season完結編」を2023年に放送すると発表した。(2022/4/4)

Appleの空間オーディオがDolby Atmosから逸脱し始めた いったい何のために?
iOSやiPadOSに遅れてmacOSも空間オーディオにフル対応した。Logic Proの対応も進んでいる。しかし、Appleの空間オーディオはDolby Atmosの仕様から逸脱しているという指摘がある。(2022/3/31)

家族で使える壁掛けスマートディスプレイ Amazon製品担当者が語る「Echo Show 15」
(2022/3/30)

AppleがiPhoneサブスクを検討中? Apple IDでiPhoneを定額支払い可能に
iCloudやApple Musicのように毎月iPhoneをサブスクできる時代がやってくる?(2022/3/25)

AppleのApp StoreやApple Musicなどがまた約1時間「機能停止」(復旧済み)
Appleの複数のサービスが日本時間の3月23日の朝、約1時間機能停止になった。2日連続だ。Apple MusicやApp Store、「天気」などにアクセスできなかった。午前8時過ぎにはすべて「正常に稼働中」になった。(2022/3/23)

林信行が体感:
「Mac Studio×Studio Display」が見せるデジタルクリエイションの頂上品質
3月18日、ArmベースのMacとしては最高スペックを誇る「Mac Studio」と、それと組み合わせて使える5Kディスプレイ「Studio Display」が同時に発売される。この組み合わせは、デジタルクリエイションにとって大きな意味を持つ。林信行氏が、先行してその魅力を体感した。(2022/3/17)

ラディウス、5色から選べるLightning接続イヤフォン 発売 3498円
ラディウスは、3月20日からLightning接続イヤフォン「HP-NEL12」を発売。直径14.15mmのドライバーを採用し、耳を完全にふさがないインナーイヤー型のため外の音も聞こえる。価格は3498円(税込み)。(2022/3/15)

スマホ用CDレコーダー「CDレコ6」発売 SD/USBメモリーに保存可能に
アイ・オー・データ機器は、音楽データをSDメモリーカードやUSBメモリで持ち出せるワイヤレスCDレコーダー「CDレコ6」を発売。車などで利用したり、CDレコの音楽データをバックアップしたりできる。(2022/3/2)

ホールでの録音をデジタルツインによる空間オーディオでシミュレートしてみた(作例付き)
Logic Proの空間オーディオ機能を活用し、モデリング音源と仮想マイクでホール収録を再現する試み。(2022/2/25)

iPhone Tips:
App Storeで契約したサブスクリプションを解約する方法
Apple IDでさまざまなサブスクリプションサービスを契約しているが、「それを解約したい」と思った場合は「設定」アプリが便利だ。いま契約しているサービスを全て見られる上、まとめて解約できる。(2022/2/24)

ソニー、Android搭載の最上位ウォークマン「NW-WM1ZM2」を3月25日発売 約40万円
ソニーは、Signature Seriesのウォークマンの最新モデル「NW-WM1ZM2」(256GB)を3月25日に発売する。ソニーストア価格は39万6000円。本体に総削り出しアルミシャシーを採用した「NW-WM1AM2」(128GB)も同日発売する。(2022/2/9)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「ボヘミアン・ラプソディ」みたいな曲できる? Appleが買収したAI作曲ベンチャーが何者か気になる
Appleが買収したAI作曲を手掛けるベンチャー「AI Music」が何者か調べたら、意外と面白かった。(2022/2/8)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがDAZNをパックにした新料金プランを投入――通信トラフィック増と解約抑止を狙う
KDDIが2月下旬、スポーツ動画の配信サービス「DAZN(ダゾーン)」をパックにした料金プランをリリースする。ちょうどDAZNの単体契約時の値上げが発表されたタイミングだけに、DAZNを使いたい人にとって非常に魅力的に映る。KDDIがパック(バンドル)プランに注力するのは、5Gプランへの移行を進める材料をそろえるためだ。(2022/2/5)

時と場所を選ばない空間オーディオ制作は可能か? M1 MacとLogic ProでDolby Atmos作品を作ってみた
レーベルを運営する筆者が、M1 MacBook ProとLogic Proを使って自社の作品をDolby Atmos空間オーディオに対応させる過程をお見せする。(2022/1/31)

石野純也のMobile Eye:
「使い放題+エンタメ」プランを強化するau 5Gの利用拡大だけでない、もう1つの狙い
KDDIが、DAZNをはじめ、エンタメサービスをセットにしたプランを強化している。いずれのプランも、使い放題MAXと各コンテンツサービスをバラバラに加入していくより、トータルの料金は安くなる。こうしたパックプランには、5Gの利用シーンを拡大するという狙いがある。(2022/1/29)

2月下旬以降提供開始:
「DAZN」を月額1100円で利用可能に KDDIが新セットプラン続々発表 ドコモに対抗か
KDDIは「DAZN」がセットになったデータ使い放題の料金プラン「使い放題MAX 5G/4G DAZNパック」を2月下旬以降に提供を始めると発表した。「使い放題MAX 5G/4G」に、追加で1100円支払うことで、DAZNを利用できるセットプラン。NTTドコモが提供中の「DAZN for docomo」への対抗プランとみられる。(2022/1/26)

auの「使い放題MAX 5G ALL STARパック」、料金据え置きでDAZNやAmazonプライムを追加
KDDIは、2月下旬以降に「使い放題MAX 5G ALL STARパック」にセットとなるエンタメサービスを追加。新たにDAZN、GeForce NOW Powered by au、が加わる。(2022/1/26)

iPhoneのメッセージで共有された「写真」や「URL」を簡単に確認する方法
iOS 15では「あなたと共有」という新機能が追加された。メッセージアプリで共有されたコンテンツをあとから確認しやすくなる。メッセージアプリの会話で送られてきたURLは、Safariを起動したタイミングで「あなたと共有」という欄にレコメンド表示される。(2022/1/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
競合ひしめく音楽サブスク、どう使い分けてる? IT系編集者2人の場合
複数加入している人も多いであろう音楽サブスクサービス、使い分けはどうしているのか。2人のIT系編集者が振り返る。(2022/1/18)

ミニーが再び大旋風! 「トータリー・ミニーマウス」が東京ディズニーリゾートにやってきた
ランドもシーもミニーが主役!(2022/1/17)

悲観的に捉えるな:
BABYMETALのプロデューサー「KOBAMETAL」に聞くライブエンタメビジネスの展望
BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望を聞いた。(2022/1/13)

Appleの有料サブスク契約者が7億4500万に到達
Apple Musicのロスレスオーディオ配信曲数は9000万曲を超えた。(2022/1/11)

「AirPods Pro 2」はApple Losslessオーディオ対応か
「AirPods Pro」のリフレッシュ版が2022年第4四半期登場とおなじみミン=チー・クオ氏が予想。(2022/1/3)

サブちゃん、サブスク解禁 元旦から747曲 「芸道60年の集大成」
サブちゃんこと北島三郎さんの楽曲が、2022年1月1日から各種サブスクリプション型音楽サービスに登場する。代表曲「まつり」「与作」「風雪ながれ旅」「函館の女」など全747曲。(2021/12/27)

iPhone購入者にはAir Tagも先着プレゼント:
Appleが2022年の「初売り」を開催 「Apple Gift Card」をプレゼント
Apple Storeが2022年1月2日と3日に「初売り」を開催する。対象商品を購入すると、3000〜2万4000円分の「Apple Gift Card」がもらえる。実店舗、Web、アプリ、電話全ての窓口が対象となるが、アプリでの購入時、各種分割払いの利用時には注意が必要となる。(2021/12/27)

小寺信良のIT大作戦:
群雄割拠の音楽ストリーミング、空席はもうない
ソニーのハイレゾストリーミングサービスmora qualitasが終了する。もうこの分野は飽和したのか?(2021/12/15)

Apple、Siri経由の格安音楽サブスク「Apple Music Voiceプラン」を提供開始
従来プラントの違いと、申し込むための方法。(2021/12/14)

AppleがmacOS Monterey 12.1を提供開始 MacでSharePlayやApple Music Voiceが利用可能に
Appleは12月13日、macOSの新版「macOS Monterey 12.1」の提供を開始した。「TV」や「ミュージック」などのアプリケーションで再生しているコンテンツを、FaceTimeを使って離れたところにいるユーザーと共有できる「SharePlay」が利用可能になった。(2021/12/14)

Apple、月額480円の「Apple Music」Voiceプランの提供を開始 Siriを介して利用可能
Appleは、有料サブスクリプション音楽サービス「Apple Music」の新プラン「Voiceプラン」の提供を開始した。Siriを介した利用に絞り込むことで、月額480円(税込み)と従来プランよりも手頃な価格で利用できるようにしたことが特徴だ。(2021/12/14)

Apple、Apple Music Voiceプランなどに対応した「iOS 15.2」を配布開始
Apple Music Voiceプラン、Appプライバシーレポート、デジタル遺産プログラムなどが追加された。(2021/12/14)

Apple、SharePlayに対応した「macOS Monterey 12.1」を配布開始
iOSやiPadOSに遅れていたSharePlayがようやくMacでも使えるようになった。(2021/12/14)

「iOS 15.2」配信開始 「Apple Music」の新プランやアプリによるアクセスを把握できるレポートなどの新機能
Appleは「iOS 15.2」「iPad OS 15.2」「watchOS 8.3」「tvOS 15.2」「HomePod Software version 15.2」の配信を開始した。iOSでは、月額480円の「Apple Music Voiceプラン」や「Appプライバシーレポート」が利用可能になる。(2021/12/14)

実売6000円台のXiaomi「Mi スマートスピーカー」を試して分かったこと
シャオミ(Xiaomi)から、Google アシスタント対応のスマートスピーカーが登場した。税込みで実売6480円という手頃なモデルを使ってみた。(2021/12/10)

日本未発売の「Beats Fit Pro」を使ってみた Apple H1チップ搭載完全ワイヤレスANCイヤフォンの実力
Beats by Dr. Dreの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン「Beats Fit Pro」を試した。(2021/12/3)

Apple Musicが6カ月間無料 UQ mobileの「くりこしプラン +5G」の利用者に特典
UQ mobileの現行プラン「くりこしプラン +5G」の契約者に対して、Apple Musicの無料利用特典が提供されることになった。特典期間中は、9000万曲以上を広告なしでストリーミング再生でき、オンラインでもオフラインでも利用できる。(2021/12/3)

Apple、「第3回Apple Music Awards」発表 Official髭男dismも受賞
今年は「Regional Artist of the Year」が新設された。(2021/12/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。