ニュース
» 2021年07月19日 12時00分 公開

アキバに見る小型自作PCのトレンド古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

定格750Wでスリーブケーブル付きのSFX電源「SP750」がデビュー

 小型PCの電源ユニットには、コンパクトなSFXタイプが候補に上がることがよくある。特に最近は電源の大容量化が進み、ハイエンドグラフィックスカードを挿す構成でもSFX電源が選ばれる機会が増えているという。

 先週はLian Liから定格750WのSFX電源「SP750」が売り出されている。80PLUS GOLD認証を取得しており、価格は1万5000円前後だ。フルプラグイン仕様で、メイン電源(ATX24ピン)とEPS、PCIe補助電源用ケーブルは柔らかいスリーブ仕様になっている。サイズは約63.5(幅)×100(奥行き)×120(高さ)mmだ。

SP750 Lian Li「SP750」のパッケージ
SP750 SP750のボディー
SP750 フルプラグイン仕様となっている

 入荷したオリオスペックは「300W以下の負荷ではファンレスで動作する仕様で、GeForce RTX 3070あたりなら無理なく動かせるポテンシャルがあります。スリーブケーブルをセットにして、この価格に抑えているのはすごいですね」と評価していた。

 なお、奥行きが長めのSFX-L規格では、2021年2月に定格1000kWの「SX1000 Platinum」が、SilverStoneから3万7000円前後で登場している。こちらもフルプラグインだ。「だから、SP750もレアな存在というわけではありませんが、小型自作PCの要所を押さえた売れ筋の容量帯ということで、ヒットが期待できるかなと思います」(同店)という。

SX1000 Platinum 2021年2月に登場したSilverStone「SX1000 Platinum」

 続いて、新型グラフィックスカードを見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10