ニュース
» 2021年07月17日 06時00分 公開

GeForce RTX 3080/3070周辺から徐々に安く――グラフィックスカード価格の今古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

五輪開催まで1週間を切ったが、電気街に祭典の風は吹いていない。PCパーツショップはどこも「だいたい(全く)変わらないですね」という。その中で少しずつ変化しているのが、高騰しきったグラフィックスカードの価格だ。

[古田雄介,ITmedia]

 グラフィックスカードの中で、特にGeForce RTX 3000シリーズの価格はさまざまな要因が重なって高騰している。最上位のRTX 3090搭載カードは30万円超(税込み、以下同)が普通で、RTX 3080 Ti搭載カードは20万円前後、RTX 3080搭載カードは10万円台後半が“相場”といった状況だ。

15万円切りのRTX 3080カードがちらほら見つかる状況に

 2021年6月に登場したばかりのRTX 3080 Tiは別にして、2020年9月のRTX 30802020年9月のRTX 3090は、初登場時の平均価格から7〜10万円程度上昇しており、長期にわたる影響は顕著だ。

ドスパラ秋葉原本店 ドスパラ秋葉原本店のグラフィックスカード価格表
パソコンSHOPアーク 同様にパソコンSHOPアークの価格表

 その深刻な値上がり傾向がピークアウトしたと、複数のショップで聞くようになった。7月頭に報じたRTX 3070 TiとRTX 3070の価格逆転もこの流れにあるが、上位GPUにも影響が広がっているという。

 パソコンSHOPアークは「現在じわじわと価格が落ちてきたと感じるのはRTX 3080 TiからRTX 3070あたりですね。一部のモデルがわりと低めの価格になって、GPU全体の平均値を下げているという感じです。特にRTX 3080カードは新発売で15万円切りのモデルが登場するなど、けっこう変化がありますね」という。

ZT-A30800J-10PLHR ZOTACのLHR版RTX 3080搭載カード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinity OC LHR」(ZT-A30800J-10PLHR)が15万円切りで登場した

 TSUKUMO eX.も「高付加価値のついたRTX 3080 Tiカードが19万円切りで初回から売り出されて、『お、安い』と思ったりしましたね。あくまで今この瞬間の相対的な『お、安い』ですけど」と同様の感触を認めている。

inno3DのRTX 3080 Tiカード「GeForce RTX 3080 Ti ICHILL X4」がTSUKUMO eX.で19万円切りとなっていた

 一方で、RTX 3060 Ti以下はモデル単位でも値下がりの兆しはあまり耳にしない。別のショップは「誰かが仕掛けてこうなっているわけではないですからね。いろんな偶然が重なって、ミドル以下にも広がっていくのではと思います。個人的には気長に待っています」と話していた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう