ニュース
» 2021年07月19日 12時00分 公開

アキバに見る小型自作PCのトレンド古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

JonsPlus製のMini-ITXケース「BO 100」と「i100 Pro」が注目を集めている。大容量のSFX電源も選択肢が増え、小型自作PCの幅が拡大中だ。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、PCケースの新製品で目立っていたのは、JonsPlus(JONSBOのサブブランド)のMini-ITXケース「BO 100」と「i100 Pro」だ。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が取り扱いを始めており、価格はBO 100が2万1580円で、i100 Proは側面にアルミパネルを採用したタイプが2万780円、強化ガラスタイプが1万8080円となる(税込み、以下同)。いずれもシルバーとブラックのバリエーションがある。

BO 100 JonsPlus製Mini-ITXケースのチラシ

コンパクトで組み立てやすい vs レイアウト可変

 BO 100は、キューブ型のボディーに革製のハンドルを付けたデザインが特徴だ。シャシーは背面方向にスライドできる仕様で、コンパクトながら組み立てやパーツ交換がやりやすい。マザーボードを水平に置く作りで、207mm/2段厚までの拡張カードが挿せる。ボディーサイズは約239(幅)×233(奥行き)×282(高さ)mm(ケーススタンドを除く)だ。

BO 100 JonsPlus「BO 100」
BO 100 革製のハンドルが固定されている
BO 100 背面から内部をスライドさせて作業できる

 一方のi100 Proは約194(幅)×435(奥行き)×307(高さ)mm(ケーススタンドを除く)と、ブック型に近いサイズとなる。

 内部のレイアウトを3パターンに変えられ、グラフィックスカードを垂直に設置したり、最大360mmまでの水冷ラジエーターを組み込んだりできるのがポイントだ。207mm長/PCI Express Gen 3 x16対応のライザーケーブルも付属する。「グラフィックスカード水平+水冷クーラー」の組み合わせ以外では、ATX電源も組み込める。

i100  Pro JonsPlus「i100 Pro」
i100  Pro 内部シャシー

 同店は「BO 100はコンパクトで作りやすく、かつ見た目も洗練されているので、今どきの小型自作の需要にマッチしていますね。一方のi100 Proは『小型でも高い性能を狙いたい』というニーズに柔軟に対応できるのが強みです。自分でレイアウトを選んで、水冷システムや長さ373mmまでのカードが挿せるので、こちらも作りがいがあります」とそれぞれを高く評価していた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう